NASから消去したファイルを復元するには?

ネットワークに接続してパソコンなど複数のコンピューターで併用して使用するための
ハードディスクドライブを搭載したLAN対応のデータ保存用装置である
NAS」(ナス/ネットワークアタッチストレージ)を使用している時に、

間違えてまだ必要になるファイルを削除してしまったり、何かのエラーなどの影響でデータが消えていたり
誤ってフォーマットを掛けた場合は、どのような方法で、NASから消去した拡張子を復元できる?という疑問について。

NASのゴミ箱機能からデータを復旧する方法とは?

まず、BUFFALOの「TeraStation」(テラステーション)や「LinkStation」(リンクステーション)は、
Windowsのパソコンのエクスプローラーで開く「共有フォルダー」(share)などの場所から
ファイルを削除した場合、自動的に「trashbox」という名称のゴミ箱フォルダーが作成されます。

この中に、消去したファイルが一度、そのまま消えずに移動して保存されています。

ここから拡張子を開いたり、コピーしてバックアップする形で復元することもできます。




外付けハードディスクやクラウドのバックアップを確認

ですが、ゴミ箱(トラッシュボックス)からもうっかりデータを削除してしまっていたり、
間違えて初期化やRAIDモードの変更などでフォーマットを掛けてファイルを消去してしまったり、
ゴミ箱の機能が付いていないNASの製品だった場合などでは、この復元の方法が使えなくなります。

もしパソコンやバックアップ用に外部接続したUSB外付けハードディスク、クラウドサービス
といった場所に定期的にファイルを保存していましたら、そちらの方も確認されてみてください。

ネットワークアタッチストレージは、パソコンではそのままでは読み込めないファイルシステムが
フォーマットされていることもあり、誤って消去したファイルを復元するには、
プロのデータ復旧業者の方で、NASの読み出しの作業をしてもらうことが最も確実な方法になります。

専用のデータ復元ソフトを試してみるには?

ファイルやフォルダーを誤って削除してしまった際に、消した後でデータがどこにも見つからない場合は、
NASのフォーマットからの読み出しに対応されている特殊な「データ復元ソフトウェア」を使って、
個人でHDDの内部からデータファイルの修復を試みる方法もあります。

(※こちらの一つの提示例では、Windows8.1のパソコンにBUFFALOの「LinkStation」の
 ハードディスクを繋げて、「SysDev Laboratories Japan」のデータ復元ソフト
復旧天使」を使用して、 誤った消去の入力で消えたファイルを復旧する手順を解説いたします。)

・「復旧天使」のソフトウェア・体験版のダウンロードページ

https://www.recovery-angel.jp/download.html

まず、LinkStationの電源をオフにして、本体のドライブケースからハードディスクを取り出します。

データ記憶装置がRAIDの場合は、そのうちの一台だけでも大丈夫です。

(これらの作業は、必ず自己責任の元でお願い申し上げます。
 安全と確実性重視であれば、やはりプロのデータ復旧業者に注文されてみる方が良いです。)

ハードディスクからファイルをサルベージするには?

次に、そのハードディスクをシリアルATA方式で3.5インチサイズのハードディスクに対応された
市販の外付けハードディスクケースに差し込みしてUSBケーブルで接続してパソコンに読み込みします。

「復旧天使」を起動すると、検出されたストレージの一覧にNASのハードディスクが表示されます。

グリーンマークの付いた「SGI XFS パーティション」という項目を選択して、
右上メニューの「データ復旧」を押すと、ドライブスキャンの作業が始まるのでしばらく待機します。

作業が終了すると、スキャン(痕跡データからの復旧)に成功した結果のフォルダーの一覧が表示されます。

その中から順に「trashbox」などのフォルダーを開いてファイルを探します。

必要なデータの名前が見つかりましたら、それらを選択してメニューの「保存」を押して、
パソコンのローカルディスクか別の外付けHDDなどの場所に、復元できたファイルを保存します。

最後に確認として、NASの復元したファイルが正常に開けるか確認して、復旧作業は完了です。

・その他:NASの内蔵HDDのデータ復旧の方法については、こちらのページにて。

データ復旧サービスセンターでNASを見てもらう

ですが、NASネットワーク・アタッチ・ストレージ)から消去したすべてのデータが必ずしも検出できるとは限らない場合もあり、
スキャンに引っかからず表示されなかったり、破損した状態で拡張子が修復されることもあります。

なるべく確実にNASから消えたファイルを復元させたい場合は、ネットワークドライブの
ハードウェアに対応されていますデータ復旧サービスセンターに問い合わせをして、
NASの本体を送付して、見てもらわれることをおすすめします。

ファイルのサルベージのサポートは種類も異なる?

パソコンなどにネットワークを通して繋げて使う、サーバやNASといったコンピューターの普及に伴い、
ファイルのサルベージが必要になる機会もまた多くなります。

そして現在、これらの機器に内蔵された、ハードディスクドライブに保存されているデータのリカバリーサービスも大変多く、
各会社おきの料金やサービス、またパソコンのHDDからの復旧の場合とも、ファイルシステムのフォーマットといった面で違うので、
やはり注文をされる際にどのサービスの、どのプランに申し込めば良いか、迷われてしまうかと思われます。

また、データ復旧の措置での料金が安いところが必ずお薦めとも限らず、サービスに注文する際の、
NASやサーバの種類や容量、用途、サポート、補償と、それぞれによってお薦めの内容はやや異なります。

データ復元サービスのよく合ったプランを選ぶには?

まず、できるだけデータ復旧の際のサービスでの料金を安く済ませたい、という点につい目が行きがちですが、
必ずしも安ければよいわけではなく、また、NASといった高額の電子機器でのサービスには対応が充実されていて、
たとえば、いざという時に緊急時の24時間体制でのトラブルのサポートも実施されています。

もちろんデータ復旧の料金が安いに越したことはないのですが、肝心のサービスの内容が
ご自身または自社とその状況によく合っていなければ、かえって手間もしくは費用がかさむ可能性もあります。

費用の面とNASやサーバからのデータ復元のサービスの内容をチェックして、選択をされてみてください。

ひとつの例として、インターネットからも確認できるサービス、各ストレージや容量、問題ごとの値段の
一覧表で、各データ復旧サービスでの料金支払いのプランが一目でわかるので、大変便利です。

初期診断のサポートでは、先にNASといった機器からのファイルの救出が可能かどうかを検査してもらえますので、
その後で、データのリカバリーサービスへの正式な注文をすることもできます。