パソコン修理とデータ復旧は一緒に注文できる?

お使いのパソコンの本体、または外付けハードディスクケースやRAID、NASといった周辺機器が、
水害、落雷、過熱、高熱、異物混入などによるショートといった障害の影響などで、
物理的に故障して完全に動かなくなった時、
内蔵のハードディスクドライブが一緒に壊れてしまうおそれがあります。

またはシステムエラーやコンピューターウイルス障害などで開けなくなった時、
データのバックアップをとっていなかった場合には、
内部ファイルの損壊でOSとともに貴重な個人データが損失してしまうケースもあります。

PCの修理とデータのリカバリーとは?

日本全国のコンピューターのサポート業者の中には、「パソコン修理」と「データ復旧」の
処置のサービスを両方とも請け負われている受付センターも数多くあります。

例えば、ウィンドウズに障害が起きてデスクトップが立ち上がらなくなったため、
オペレーティングシステムを再インストールしてもらう作業と、
その初期化初期化の前に先にPCの内蔵HDDから必要なデータを読み込んで、
取り出ししてバックアップによるデータのリカバリーを行ってもらう作業が注文できます。




主なデータ復元の作業とは?

新しいパソコンやハードディスクに交換する際や、他の部品が壊れてしまった時に、
正常な部品に換装してもらう際に前のマシンのデータを、
新しい方のパソコンに移し替えてもらう形でファイルの復旧を依頼することもできます。

また、間違えて消去してしまったファイルを、拡張子の痕跡データからサルベージする形での、
消えたデータのレスキューの作業も請け負ってもらえます。

破損したデータ記憶装置の修復作業とは?

DVD-RやCD-R、DVD-RAM、BD-REといったデータ記憶用のディスクに、
傷がついていたり汚れが付着してDVD/CDドライブ装置からデータが読み込みできなくなった場合には、
クリーニングキットや専門の洗浄機で研磨を掛けて、ディスクを修繕してもらえる
サポートが実施されている店舗もあります。

ほか、コントローラやコネクタといった、外側のカートリッジや、ボードなど、
一部の箇所のみが損壊した場合でしたら、物理的な故障の中では比較的軽度の方で、
ある程度手早く安価でデータの救出を請け負ってもらえる場合もあります。

また、即日のスピード検査や、臨時の割引サービスを受けられるケースもあります。

オペレーティングシステムが開かない時は?

Microsoft WindowsやmacOS/Mac OS Xにシステム的な破損が起こり、
パソコンのデスクトップ画面が正常に開けなくなって保存データの展開ができなくなった時にも、
内部データの取り出しをしてもらうことができます。

ほか、コンピューターウイルスやスパイウェア駆除のサービスもありと、
数多くの修復に対応してもらえるサービス・窓口も多いので大変便利です。

物理的に破損してストレージが読み込みできない時は?

ハードディスクドライブやUSBメモリ、SDメモリーカードなどのデータ記憶装置自体が物理的に破損して
読み込みできなくなった場合は、普通のパソコン修理店の多くでは、ストレージ自体の分解による
内部の回路からのデータのレスキューの作業は、専門外になます。

そのため、物理障害のトラブルに対応された専門のデータリカバリーサービスに注文をして、
分解作業により中身のプラッタやチップから取り出ししてもらう必要があります。