NASで障害が出た時にはデータをバックアップできる?

NAS(ネットワークアタッチストレージ)をお使いの際、エラー障害や物理的な故障が出て
正常に動かせなくなっていている問題が発生した際に、何とか内部の保存データを
バックアップしておきたい、という際にはどうすればいい?という疑問について。

パソコン本体とNASを再起動してみる

主にNASのメーカー製品には、I-O DATAのLANDISK(ランディスク)や、
BUFFALOのTeraStation(テラステーション)とLinkStation(リンクステーション)、
WDのCloud、TOSHIBAのNAS、SynologyのDiskStationなどが、
それぞれの容量と値段の種別ごとに販売されています。

まず、NASはそれぞれメーカー製品によってある程度、仕様や操作方法が異なるのですが、
ネットワークに無線LANルーターと、それに繋げるLANケーブルを通して接続して、
パソコンやモバイル端末などのコンピューターにインターネット回線でアクセスする使い方が基本です。

ネットワークに繋がらない時は一度、パソコンとNASをともに再起動させてみます。

この段階で、内部のHDDあたりから変な音がする場合は、なるべくそれ以上は動かさずに、
プロのデータリカバリーサービスに注文をして、状態を見てもらわれることをおすすめします。

管理ソフトウェアを閉じてから再度開いてみる

TeraStation/LinkStationの管理用ソフトウェア「NAS Navigator2」(ナス・ナビゲーター)や
LANDISKの管理用ソフトウェア「MagicalFinder」(マジカルファインダー)を開いても
ストレージがなぜか検出できず、更新をしても同じ、という場合は、
一度アプリケーションを閉じて、再度開いて更新をしてみます。

それでも開けない場合は、WindowsのエクスプローラーやmacOS/Mac OS XのFinderを開くと、
そちらでは共有フォルダーや個別フォルダーが表示されて開けるケースもあります。

その際には一旦そちらからフォルダーを開き、必要なファイルを別の外付けHDDなどにバックアップします。

エクスプローラーの画面からファイルを保存するには?

あるいはその逆に、管理ツールでのみ開ける場合はそちらからフォルダーを開いてみます。

すると、エクスプローラーなどでもアクセスできるようになることがあります。

ウェブブラウザから、サービスの管理ページへログインできれば、そちらの機能を用いて、 
バックアップを行うこともできます。

NASのUSBポートに外付けハードディスクドライブを差し込んで、管理画面の操作手順に沿って
データのコピーを手動か自動差分更新などで設定して、一括で保存していきます。

ネットワークにアクセスができない場合は?

しかし、ネットワークにNASがつながらない、という場合はこれらの操作がパソコンからは一切できなくなります。

その場合は、別のインターネット環境があれば、そちらを使って
ネットワークへのアクセスを再度試されてみてください。

あるいはファームウェアのアップデートといったエラー修復の作業を一通り試してみます。

ですが、どうしてもネットワークにもつながらない時には、NAS本体に故障といった
問題が発生している可能性があります。

フォーマットが違うために読み込みできない時は?

お使いのネットワークドライブ(NAS)に内蔵されているハードディスクが
一台だけである製品の場合は、HDDを本体から抜き出して、
外付けHDDケースに差し込みして、パソコンに読み込みしてみます。

そのままではエクスプローラーで開けないため、コントロールパネルの
「ディスクの管理」画面で、対象のボリュームのファイルシステムの種類を確認します。

このファイルシステムを読み込みできる専用のアプリケーションソフトを購入して、
そちらをインストールして開き、内部のデータを読み込んで
必要なファイルのバックアップを行ってみるという手法もあります。

データ復旧サービスでファイルを取り出ししてもらう

ですが、HDDが二台以上のRAIDシステムとして使用しているNASの場合は、
個人ではこの方法でも読み込みとバックアップがほぼできなくなります。

個人でファイルのバックアップがどうしても出来そうにない場合には、障害の発生したNAS本体を、
または内部のハードディスクを取り出して、専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
中身のファイルを取り出ししてもらわれることをおすすめします。