新しいパソコン本体の製品の値段と性能を見比べる目安とは?

デスクトップパソコンやノートPCの本体といったデジタル製品を新しく購入する場合に、
筐体の内部に設置されたパーツ(Parts)の性能や値段を見比べたり、
また周辺機器(Computer Peripherals)のキーボード、マウス、外付けHDDといった機材を選んで、
購入する際の目安は、どのようにすればいい?という疑問について。

パソコン本体の製品とそのメーカーについて

まず、パソコン機器をはじめとするデジタル製品は年々、と言わず月々の早い段階で、
続々と新しい製品や改良版、バージョンアップ版が発表、販売されています。

Dellやシャープ、東芝、Appleなど大手で有名な人気のメーカーから、
TSUKUMO、マウスコンピューターやストーム、クレバリー、パソコン工房といった
BTOパソコンまで、PCのメーカー名が目安として数十社。

また更にデスクトップ型からノート型、iMacなどの一体型など製品ジャンルもいくつかありまして、
非常に大きな市場となっています。

これから新しくパソコンを買ってみたり、新品に買い替えする際、
今までに特にPCを選んで買ったことがない場合には、最初は難しいものです。

PCの一式を購入する時の主な選び方のコツとは?

また、近年のコンピューターの機器は高速化と大容量化、低価格化が大変進んでいまして、
十数年前と見比べても目安としてかなりお買い得になっています。

例えば、予算をどのくらい使って本体や機材をそろえるか、
どういった使い方をするかによって製品の選び方もまた違ってきます。

最近では高い容量のメモリやHDD、高いスペックのCPUやマザーボードも標準で搭載されていますので、
処理速度や容量は大分解消されています。

Windowsの処理速度が遅くなった時に修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

スペックが低いパーツのパソコンだと動作も遅くなる?

しかし、業務用・創作用として数百GB~数TBもの大容量を日々取り扱う場合は、
あまり低価格すぎるパソコンでは、遅く感じる可能性が高いです。

PC製品本体の値段がややかさむものの、性能が高い本体を見比べる目安の重点に置いて選ばれた方が、
後々、不具合のトラブルで困らずに済むでしょう。

メインメモリやCPUは特に、容量と性能が高い製品のパソコン本体を選ぶ、
またはBTOパソコンの組み立てて注文をすると、だいぶ快適にPCを使用することができます。

ソフトウェアの製品の推奨環境が満たされていない場合は?

また、購入をされるオペレーティングシステムやアプリケーションソフトウェアの製品の、
パッケージや仕様書に書かれている、パソコンの内部パーツの構成の、
推奨環境(recommend environment)が満たされているかどうかも、ご確認ください。

例えば、CPUの処理速度(processing speed)が低い場合は、その分エラーが頻繁に起こりやすくなります。

場合によっては、データの編集といった情報処理(information processing)の工程で、
プログラムが途中でエラーを起こして失敗して、ファイルやシステムが破損する可能性も出てしまいます。

特売のお知らせをインターネットや店舗の貼り紙でチェック

主なパソコンメーカーは、ASUS、MSI、NEC、Apple、エプソン、オンキヨー、
ゲートウェイ、シャープ、ソニー、デル、パナソニック、工人舎、東芝、日本エイサー、
日本ヒューレット・パッカード、富士通など、多くの企業があります。

また、BTOパソコンのメーカーも、TSUKUMO、ドスパラ、クレバリー、ストーム、
パソコン工房、フェイス、マウスコンピューター、などがあります。

最新のパソコンの機材を見て、できるだけ新型のものをチェックして購入したい、という場合でしたら、
インターネットのお知らせや店舗の貼り紙をチェックされてみると、お得な製品と新型の技術の閲覧ができます。

故障した部分を修理して予備のパソコンにする

また、今まで使っていたパソコンがどこか壊れてしまった際に、まだ故障した部品を交換修理して、
予備の二台目のマシンとして運用する方法もおすすめです。

購入をしたのが数年前で、現在で見るとスペックが低い、という場合でも、
現在の高い容量やパワーを備えた部品に換装してもらうことで、
予備のパソコンとして運用することも大変有効な活用方法です。

縦置きの筐体である、タワー型パソコン(tower-type personal computer)の場合は、
フルタワー型、ミドルタワー型、ミニタワー型の製品ともに、
PC本体の底面に固定用のジェルマットを貼り付けておくと、安全性が高まります。

また、パソコンを購入をされる時に3年間や5年間の長期保証サービスにも加入しておけば、
故障した時の修理にかかる費用も、多くのトラブルからのリカバリーで負担がかからずに済みます。