パソコンを購入する時に掛ける修理の長期保証は必要?

電気店やパソコンショップで新品の電化製品を買うと、ほぼ必ず保証期間のサービスが一緒に付帯します。

大部分の電子機器(エレクトロニック・エキップメント)の製品は、一年間の期間保証です。

購入日から一年の間での自然故障(正しく使っている状態で不具合が出て壊れた場合)をはじめとする、
パソコンなどの不調が発生した時に、お金がかからず何度でも対象の商品の修理や交換をしてもらえます。

壊れたパソコンを修理してもらえる保証の期間とは?

まず、パソコンの長期の修理保証サービスの最大の利点は、やはり金銭的な負担がかからずに済むという点ですね。

特にパソコン本体は、オペレーティングシステムのエラーや物理的な破損が起こりやすく、
また急な故障がありうるため、一定の期間内での保証のサービスは基本的にほぼ必要と言えます。

またこの修理保証期間は、PC本体など、製品によっては、
3年や5年に長期間の延長が出来るサービスを実施されている店舗もあります。

これらは商品の購入の際に、金額の数%分の割増、または付帯するポイントから差し引きしてもらって、
保証サービスの期間を延ばしてもらうことができます。




PCや周辺機器の製品や使い方による不具合の頻度とは?

例えば、パソコンが壊れてしまうと直すのに結構なお金が掛かることも多く、
また一年の間に何度も同じ不具合が出る場合もあります。

ノートパソコンは特に、デスクトップパソコンでの「本体」の機能だけでなく、
キーボードや液晶モニター、タッチパッドも付いていて部品が多い上に、
外出で持ち運ぶ機会もある分、どこかのパーツが壊れる確率がさらに上がります。

PCの用途によって購入する時の付帯のオプションを決める

次に、購入された対象のパソコンの商品を、3年~5年以上の長い期間で使うつもりでしたら、
一つの補償の追加購入として、ぜひ長期の保証の付帯オプションに入った方が良いでしょう。

ですが逆に、1年~2年くらいで新しいマシンに買い換えるつもりでしたら、
スタンダードの1年間保証くらいでも間に合うことでしょう。

例えば、自作でPCのパーツを組み立てる作業に慣れていれば、
ご自身で壊れた部品を交換して直したり、OSをリカバリーして修復させるのも有効です。

人それぞれの使い方によっても、長期の保証サービスが必要かどうかは変わっていきます。

また、保証の期限が切れた後でも、私設のパソコン修理サービスに出して、
壊れたPC本体または一部の周辺機器を直してもらうこともできます。




どのパソコンでも自然な故障は起こりうることを前提に

また、IBMの企業用ノートパソコンのように頑丈で壊れにくい、と評判の高い機種でしたら、
壊れるリスクも少ないので、必要とも限らない?といった、世間的な解釈や判定の基準もあります。

ですがどんな製品でも、普通に使っているだけでも自然故障は起こりえますので
特に初心者の方でしたら、パソコンショップや電気店、通信販売にて、
PC本体や周辺機器などの高価な電子機器を購入する時に、長期の保証サービスに付帯で加入するメリットは大きいです。

例として、ツクモ延長保証といった、各メーカー製品ごとの解説も参考までに。

パソコンショップSEVENのように、パーツを組み立ててもらってから購入をするBTOパソコンも、
修理といった延長保証のサービスが実施されています。




代わりのパーツが普及していない電子機器は特に保証が重要?

また、故障したPC本体を修理してもらう際のサポートだけでなく、
インクジェットプリンター(複合機)やFAX(ファックス)などの専用の機器の場合は、
ユーザー自身で部品交換をするのも、一般的にパソコンより普及していなくて難しい傾向にあります。

自分自身では直せない製品は特に、1年から数年の期間に設定して用意しておくことができる、
一つの保険として、長期保証(Maintenance Period)のサービスに加入されることをお薦めします。

また、パソコンの修理対応の保証期間が切れた後で直すには?という疑問については、こちらのページにて。

保証期間の期限を過ぎた後は、パソコンを分解して、新しく選んで購入したパーツとの交換で修理するなど、
PC内部の組み立て直しをしてみるのも一つの活用方法です。

保証期間内はあまりパーツを分解しない方がいい?

他に注意する点として、逆に保証の期限内に一度でも自分でマシンの分解やパーツの交換をすると、
自然な部品の故障とは見なされずに、せっかく掛けた長期保証が無効になってしまう場合もあります。

期間内でパーツの増設や中身の掃除を行う際には、
なるべくメーカーのサポートに修理の作業を代行してもらうか、事前に相談をするようにしましょう。

また、保証の期間を過ぎた後で壊れた場合は、修理に料金が発生するため、
同じように費用がかかるのでしたらお預かり期間の長さを短縮するために、
私設のパソコントラブルサポート店で、即日のスピード診断の受付で注文されてみるのもおすすめします。