メモ帳(テキストエディター)で喪失したデータを復旧するには?

Microsoft Windows(マイクロソフトのウィンドウズ)のオペレーティングシステムに、
標準で搭載されている、メモ帳(ノートパッド/Note pad)のテキストエディターで、
パソコン上から文書のファイルを作成・編集している時に、
コンピューター上からデータを喪失したら、どうすればデータを復元できる?という疑問について。

メモ帳の「元に戻す」機能でのデータの復元

まず、メモ帳には、自動的に作られる一時的なデータの保管用のプログラムとして、
ほかのソフトウェアと同じく、「元に戻す」(アンドゥ)の機能があります。

間違えた入力の指示してテキストを消してしまったり上書きしてしまったら、
「Ctrlキー+Zキー」か右クリックで、一時キャッシュメモリに記録されている、
一段階前の動作の分のデータを復元することができます。

しかし通常、二段階前以降の動作の分はメモリに記録されず、すぐに消えてしまいます。

また、メモ帳の画面を一度閉じると、メモリがリセットされて後から直せなくなりますのでご注意ください。

メモ帳を開いて、名前をつけて保存した文章ファイルは、プロパティ上で
テキストドキュメントという分類で表示されて、「notepad.exe」(ノートパッド)というファイル名で保管されます。

強制終了やフリーズで上書き保存ができないトラブルとは?

また、こまめに上書き保存(Overwrite Save)を行わなければ、突然パソコンのオペレーティングシステムか電源が、
強制的にシャットダウン(shut down)してソフトウェアごと閉じてしまったり、
フリーズ(Freeze/ハングアップ)やアプリケーションエラー(Application error)が起こった時に、
メモしていた文章データがみんな消えてしまうトラブルも起きてしまいます。

強制終了のアクシデントといった、メモ帳でのデータの喪失を防ぐには、こまめな上書き保存が一番です。

上書き保存前に閉じたソフトの作成データは復元可能?という疑問については、こちらのページにて。

自動更新のフルバックアップソフトでtxtのデータを保存

またそれ以外の例としまして、自動更新フルバックアップのソフトウェアをパソコンに加えて、
一定時間の間隔おきにパーティションの内部にある、txtといった更新分のデータファイルを、
自動でバックアップの保存をするようにシステム設定をすると、
急なトラブルでテキストの新規に記入した分のデータが全部消えてしまう損失を、ある程度防げます。

誤ってnotepadのファイルそのものを削除してしまったり、何かのエラーの障害でドキュメントといったフォルダーを
丸ごと消去してしまった場合は、「ファイナルデータ」や「完全データ復元PRO」などのデータ復元ソフトウェアで、
すぐに元あったフォルダ内部をスキャンして、拡張子の痕跡から直す方法も使えます。

データ復元ソフトについて詳しくは、こちらの一覧ページにて。

テキストエディターのNotePadでできないこととは?

Microsoft Windowsのオペレーティングシステムではご存知、『メモ帳』という名称の、
テキストエディター(text editor)の文章の記入ツールを標準で使うことが出来ます。

名前の通りメモの役割として幅広く活用できまして、パソコンやインターネット上でよく使う、
文字やアドレス、文書などをいくらでも、また何枚でもほぼ無制限に書き込んで保存できます。

なので、非常に使い勝手の良いテキストエディターとして使われています。

操作も非常に簡単で、機能もシンプルで覚えやすいアクセサリツールなのですが、
一方で、Microsoft Office WordやExcelほどの充実した機能はなく、「元に戻す」の機能で
複数回を遡って修復したり、「やり直す」や「自動バックアップ保存」といったテキストの保全には、
充分に便利な機能がなく、データの保護では他のソフトウェアに譲る、という点もあります。

専門のデータ復旧サービスで修復してもらう

メモ帳のtxt・exeのファイルを大分前に削除していて、ごみ箱フォルダーにもなかったり、
拡張子の破損がひどい場合は、自力では直せない可能性も高いです。

もちろん、データのバックアップを事前に取っていれば、そちらから引き出して、
コピー・貼り付けか別名での保存で復活させることも出来ます。

ハードディスクドライブやメモリーカードといった、データ記憶デバイスが物理的に故障して、
他のファイルやシステムごと開かなくなった時は、
専門のデータ復旧サービスに頼んで、中身の記憶部分から取り出してもらわれることをおすすめします。