メモ帳(テキストエディタ)の喪失データを復旧するには?

Microsoft Windowsのオペレーティングシステムではご存知、『メモ帳』という名称の
テキストエディタの文章の記入ツールを標準で使う事が出来ます。

テキストエディタ

メモ帳を開いて、名前をつけて保存した文章ファイルはプロパティ上でテキストドキュメントという
分類で表示され、「notepad.exe 」(ノートパッド)というファイル名で保管されます。

名前の通りメモの役割として幅広く活用できまして、パソコンやインターネット上でよく使う
文字やアドレス、文書などをいくらでも、また何枚でもほぼ無制限に書き込んで保存できます。

なので、非常に使い勝手の良いテキストエディタとして使われています。

操作も非常に簡単で、機能もシンプルで覚えやすいアクセサリツールなのですが、
逆にMicrosoft Office WordやExcelほどの充実した機能はなく、「やり直す」や
「自動バックアップ保存」といったテキストの保全に便利な機能が無い、という点もあります。





自動的に作られる一時的な保管プログラムが「元に戻す」(アンドゥ)があり、
「Ctrlキー+Zキー」である程度まで段階的に一時キャッシュメモリに記録されていtる
前の動作の分のデータを復元する事ができます。

メモ帳

しかし間違えて大量の文章を消してしまったり
上書きしたりすると、後から直せなくなる事もありますのでご注意ください。

また、こまめに保存を行わなければ、突然パソコンが強制シャットダウンしたり
フリーズやアプリケーションエラーが起こった時に、
メモしていた文章データがみんな消えてしまうトラブルも起きてしまいます。

こうしたメモ帳でのデータ喪失を防ぐにはこまめな上書き保存が一番です。

またそれ以外には自動更新フルバックアップのソフトウェアをパソコンに加えて一定時間の間隔おきに
パーティション内部の更新分データを自動でバックアップ保存するようにシステム設定をすると
急なトラブルでもテキストの新規記入分が全部消えてしまう損失をある程度防げます。

誤ってnotepadのファイルそのものを削除してしまったり、何かのエラー障害でドキュメントが
壊れた場合は、「ファイナルデータ」や「完全データ復元PRO」などのデータ復元ソフトウェアで、
すぐに元あったフォルダ内部をスキャンして、拡張子の痕跡から直す方法も使えます。

ですが、メモ帳のexeファイルを大分前に削除していたり、
拡張子の破損がひどい場合は自力では直せない可能性も高いです。

もちろん、バックアップを事前に取っていればそちらから引き出して、
コピー・貼り付けか別名保存で復活させる事も出来ます。

ただし、ハードディスクドライブやデータ記憶メディアが物理的に故障して他のファイルやシステムごと
開かなくなった時は、データ復旧サポート店に頼んで、中身の記憶部分から取り出してもらいましょう。



『「Excel・Word Office」のカテゴリーの前後のページ』

«

»