CSVファイルが読み込みできない時に修復するには?

パソコン上で、表形式のCSVファイル(comma separated values)の拡張子が、
Microsoft Excel(マイクロソフトのエクセル)やテキストエディタといったソフトウェアから
読み込みができない時には、どうすれば開けないデータを修復できる?という疑問について。

CSVのファイルがパソコンで読み込みできない時は?

まず、CSVのファイルとは、【Comma Separated Values】「カンマ・セパレーテッド・バリュー」の略称で、
コンマ区切りで並べたプログラムファイルの形式の一つです。

Microsoft Office Excel(マイクロソフトオフィス・エクセル)をはじめとする数多くの表計算ツールや、
ワープロソフト、テキストエディター、データベースソフトといったアプリケーションソフトで開いて、
また編集することができて、非常に汎用性も高いファイルの一つです。

インターネット上でもしばしば、このCSV形式のファイルでの保存を行う機能が設置されており、
テキスト表をダウンロードして入手する際に、CSV Fileの仕様であることも多いです。

ですがこのCSVを開くには、Microsoft Officeといった対応されたアプリケーションソフトウェアが、
パソコンにインストール(セットアップ)されていることが必要です。

Microsoft Excelをインストールしてデータを開いてみる

そのため、CSVが読み込めない時は、例えば基本的なアプリケーションソフトの、
Microsoft Excel(エクセル)やWord(ワード)をOfficeの製品のDVD/CDからインストールして、
コンピューター上で起動して使えるようにされてみてください。

他にも、家計簿や郵便番号、電話帳、勘定奉行、筆ぐるめといった、
会計ソフトや執筆用ツールなどの、様々なアプリケーションソフトに対応できます。

CSVの提供元から推奨されているソフトウェアを入手、もしくは購入をされてから、
データを開くことが望ましい対処法です。

テキスト文字化けが起きた時に修復するには?

PHP Hypertext Preprocessor(ピーエイチピー・ハイパーテキストプリプロセッサー)からの、
データの読み込みでの際に文字がおかしくなって上手く展開ができない時は、
文字化けをした状態からの修正ツールなども使って、ファイルの修復を試されてみてください。

文字コードをUTF-8などに変更して、名前を付けて別名でのテキストファイルの保存をしたり、
インターネット上の文字化け修復のサービスなども活用されてみる手法もあります。

拡張子が壊れている場合に復元するには?

他に、前回に保存した時の失敗やアプリケーションエラーが原因で、CSVファイルの拡張子が壊れてしまい、
拡張子が読み取れなくなっている場合は、他のどのソフトで開こうとしてもほぼ展開はできないため、
まずは無理にアクセスをせず、データのバックアップ先を当たってみましょう。

もし同じファイルがインターネットで配布されていれば、そちらで拾い直してみてください。

同じ名前と拡張子のファイルを復旧する時の注意の点については、こちらのページにて。

また、自動的なファイルの回復機能やシャドウコピーの機能、ファイル履歴などで、外付けHDD、RAID、NASといった、
外部のデータ記憶装置などのどこかに、バックアップファイルが保管されていれば、そちらを代用します。

代わりの文章のデータがない時に復旧するには?

しかし、新しくCSVのファイルを作成・更新したばかりでどこにも代わりが残っていなかったら、
ファイナルデータや完全データ復元PROなどのデータ修復用ソフトウェアを使用して、
早いうちに復元の作業をすることで、削除した拡張子を元に戻せる可能性もあります。

より確実に直したい時は、専門のデータ復旧サービスにパソコンかHDDを持っていくか、
または出張訪問での修復サポートに依頼をして、復元の作業を行ってもらわれることをお薦めします。