ノートパソコンを捨てる前にハードディスクのデータを回収するには?

大分古くなった使わなくなったノートパソコン本体や、故障が激しくなって使用できなくなったモバイルPC、
液晶画面が大きく破損したタブレット端末といった機器を捨てる時は、内部のハードディスクドライブ
(HDD: Hard disk drive)やSDカードを外して、保存していたデータを回収することもできます。

故障して開けないPCの状態を確認

PCがほぼ完全に故障していても、HDDのデータの記録部分(プラッタ)に書き込まれているOSや
ファイル、フォルダに損傷がない場合、パソコンを廃棄処分する前に、
内部の大事なデータを復旧できる見込みは十分にあります。




壊れて使わなくなったハードウェアの製品を廃棄処分する前に、ハードディスクドライブや外付けHDD、
SSDなどの記憶装置は、たとえばノートパソコンのドライブベイを開けて取り外すなどをして、
先に回収して、後から外付けHDドライブケースに入れて開くことができます。

または、別のデスクトップパソコンの空いたドライブベイに増設して、読み込む方法もあります。

ハードディスクの内部のプラッタは、専用の機械を使った物理的な分解の作業が
必要なため、物理障害に対応されたプロのデータリカバリーサービスに注文する必要があります。

主にデータ復旧サービスセンターでは、コンピュータ・エレクトロニクス製品の
廃品回収処分サービスを実施されている店舗もあります。

HDDだけでなく、USBフラッシュメモリやDVD-RW、SDカード、MO、BD-REなど
他のデータ記憶媒体の内部ファイルの回収も行ってもらえますので
これらを捨てる前には、まとめてデータ復旧のサービスに出されてみるのも良いでしょう。