iPhoneの故障を修理するには?

iPhone(アイフォン、またはアイフォーン)とは、アメリカ合衆国の大手コンピューター企業
Apple社により開発・販売されているスマートフォン(携帯電話端末)の機種です。
モバイル端末のiPhoneは、発売された当初こそで通信アンテナの不具合や液晶モニタの変色といった
いくつかの問題発生でも一時話題になったもの、それらを差し引いてもより高性能な機能と、
充実したアプリケーションなどを楽しみながら使っていくことができるスマートフォンです。
iPhoneは衝撃にも強く少し地面に落としたり水分が付着したくらいではそうそう壊れることはありません。
しかし、それでも携帯電話という端末機器である以上、あまりに強い衝撃を受けたり、
水の溜まり場に水没してしまうなどのトラブルになると、本体が物理的に故障してしまう可能性もあります。
なのでiPhone用の保護ケースを付けて持ち歩く、などの対策をすることも大切です。




主な破損トラブルの可能性

・道路や固い床、コンクリートの上に落としてしまう。
・うっかり踏みつけて液晶ディスプレイ画面が割れてしまう。
・強い衝撃を受けたり体重をかけて割ってしまう。
・洗濯機にズボンのポケットに入れたまま一緒に洗ってしまう。
・洗面器や水たまりの中に落として水没させてしまい、全損してしまう。
・充電中に落雷の影響で高電圧によるショートに遭ってしまう。
・高温・低温を発する家電製品の近くに長い間、置いてしまった。
・変なプログラムをインストールしてOSに不具合が出た。
・容量がいっぱいになってきて次第に調子が悪くなった。
・不調が出たので自分でいじってみたら、余計に壊れてしまった。
もしものアクシデントを考慮して、契約時に決める保証サービス期間は、例えば2年払いの
契約でしたら2年間での延長保証に設定するなどして、少なくとも支払い期間が終わるまでの間は、
保証サービスでの修理が受けられるように契約をした方が良いでしょう。
iPhoneにシステム的な不具合が発生した時は、パソコン用の管理ソフトウェア
iTunes(アイチューンズ)などのプログラムでパソコンを通してある程度OSの復元をしたり、
マニュアル手順に沿ってバックアップを取る手法が使えます。
しかし物理的に故障した場合は、デスクトップパソコンやノートパコンのように
自分で分解して部品を交換して修理、といった作業は一般個人ではできません。
そのため、基本的にはAppleストアのカスタマーサポートに出して、
保証サービスでの、アイフォンの故障の修復の作業を行ってもらいましょう。
しかし、水濡れや強打で全損している場合は保証の対象外となり、
1万円~3万円ほどの修理費用がかかるケースもあります。
お預かりの期間がある程度かかるため、もしもお急ぎの場合は、専門業者の
PCトラブルサポート店で対応が開始されているiPhoneの修理サービスに注文をされてみてください。