ノートパソコンが振動で壊れた時にデータを復旧するには?

ノートパソコン(notebook-sized personal computer)を、普段持ち歩いて使用している際に、
自動車や自転車、バイク、電車、飛行機、船といった乗り物に乗っている時などに、
振動によりマシンに負荷がかかってハードディスクなどの部品が故障して開けなくなってしまったら、
内部に残っているデータファイルを、どのようにすれば復旧することができる?という疑問について。

ノートパソコンが強い振動で故障するトラブルとは?

まず、普段あまり整備されていない山道などの場所を多く走行していると、
自動車の座席またはトランクにあるノートパソコンが、強い振動を受けて故障するおそれもあります。

場所によっては、走行する際にノートパソコンに専用のカバーを多く付けておくことも推奨します。

例えばもし、移動中にマシンが故障してしまい、液晶モニターやキーボードが破損して操作ができなくなったり、
どこかに強打したり、荷物の中で強く圧迫されて内部のパーツが破損してしまった時など、
ノートパソコンの一部が壊れてしまった場合でも、まだ電源の起動自体はできる状態でしたら、
比較的に容易な手順で、損壊したコンピューターを直せる見込みもあります。




HDDやSSDの問題を検査して修復するには?

次に、ノートパソコン(laptop PC)に内蔵された2.5インチのサイズのハードディスクが破損してしまい、
PCの電源(Power supply)は入るもののWindowsも起動しなくなった、という場合について。

まず、HDDの故障の状態によるのですが、軽度のアクセス障害くらいであれば、他にパソコン本体をお持ちでしたら、
その空いたドライブベイに増設するか、外付けの記憶デバイスとしてUSBケーブルから接続すれば、
MacやUbuntuなどの違うOS、内部のファイルの方は開ける見込みもあります。

また、そのコンピューターとそのOSが使用できなくなっても、別のWindowsのパソコンなどで、
増設やUSBからの外付けでまだデバイスの読み込みができれば、ストレージの製造メーカーで配布されている、
「S.M.A.R.T.(スマート)の検査」のアプリケーションソフトウェア(Application Software)などで、
破損した状態のチェックや、簡単なエラーの修復も実行できます。

自動バックアップソフトをあらかじめセッティング

次に、サーバやNASだけでなく、パソコンにも、オペレーティングシステムの標準機能や市販のバックアップソフトで、
自動的にバックアップファイルを外付けのデータの補助記憶装置に書き込むことができます。

例としまして、もし通勤・通学や買い物での移動中、特にノートパソコンの電源を入れての稼働中に、
ハードディスクドライブに強い振動を与えて、ヘッドクラッシュなどで故障をさせてしまったりした時は、
やはり破損したパーツの交換といった修理を注文する必要が出ることもあります。

そんな時のために、ノートパソコンの破損に備えて、あらかじめ自動バックアップソフトをセッティングして、
別の外付けHDDなどに定期的に自動でファイルを保存されておくように設定すると、大変助かります。

ノートパソコンのハードディスクやSSDも交換できる?

次に、ノートPCに搭載されているハードディスクドライブやSSDも、デスクトップパソコンの方と同じく、
蓋を開きやすい製品でしたら、自分自身で交換して修理することも可能です。

螺子や両面テープでしっかりと固定されていますので、より注意して中身を開いて作業する必要があります。

また、ノートパソコンのハードディスクを交換して修理する手順については、こちらのページにて。

他にも例えば、メーカーの保証の期間がまだ残っている場合は、HDDやSSDの障害が発生している場合に、
そのまま新品のハードディスクへの換装による修理を行ってもらうことができます。

それ以外の故障が起きたり、最大容量を上げるために新品に交換したい場合には、
自作PCに詳しい知人に、ハードディスクやSSDを取り出してから新品に交換して作業を行ってもらったり、
パソコン修理サポートのサービスに問い合わせて、壊れたマシンの修復の依頼をされてみることを推奨します。

ストレージに物理的な故障が起きた場合は?

ですが、振動といった原因で物理障害が起きて、一度でも故障したハードディスク自体は修理が非常に難しくなります。

そのため、ほとんどの場合はメーカー先のサポートかパソコン修理サービス店で、
新品のHDDに交換してもらう形で、壊れたPCを修理する方法になります。

もしハードディスクが読み込みできず、中身の大事な保存データのバックアップが取れていなかった場合は、
専門のデータ復旧サービスセンターの方に出して、復元の作業を受けてみてください。




パソコンが動かなくなるさまざまな原因とは?

ほか、持ち歩いている時や乗り物に積んでいる時の振動や強打による破損以外にも、PCは精密機器なので、
ノートパソコンを誤って水濡れ・水没させてしまったり、
周囲に埃やごみ、湿気が漂う場所や直射日光が当たる場所に置くと、マシンが故障する原因になります。

また、上記のような場所で破損したパーツを換装する作業をされることも、お控えください。

例としまして、ドクターホームネット様の、
ファンの故障によって振動してしまうパソコンのパーツ交換の解説も参考までに。

また、一度PCケースを開くと、修理保証の対象外になって有償での修理になってしまいます。

なので、保証期間内はメーカーへの注文で、個人で壊れたPCの修理を行う場合には、
期限が過ぎた場合に作業をされた方が無難です。

お使いのノートブックパソコンが、HDDのヘッド障害や老朽化で徐々に動かなくなってきたり、
または容量が大きな新しいHDDに換装したい、という時にも、早めに交換による修理を行うことを推奨します。

ノートPCの壊れているHDDやSSDの換装は、デスクトップパソコンよりも難しいので、
安全性を考えるならば、専門事業の方にて、有償で行ってもらうのが良いでしょう。

万が一、かえって状態が悪化してしまったり、重度の損傷が起きてしまう可能性を考えて、
できる状態でしたら、必要なすべてのデータのバックアップも忘れずに行ってください。

遠くの地域で即日で修理やデータ復旧をしてもらうこともできる?

また、パソコン修理サポート店で故障をすぐに直してもらうか、HDDやSSDの内部のデータファイルを、
後から取り出したり、データ復旧サービスの方で引き出してもらって、開き直すこともできます。

遠くの地域へ滞在している時にすぐ直したい、という場合は、振動などで壊れたノートパソコンを、
現地のPC修理サポート店や、データリカバリーのサービスセンターにて、持参をして直してもらうことになります。

大幅な時間のロスになってしまいそうで早めに修復をしてもらいたい、という際には、
即日診断のスピードコースのサービスが用意されていましたら、そちらのプランでの注文もおすすめします。

パソコンのシステムが破損したり、外部からの衝撃でパーツの故障が起きて、原因がよくわからない時には、
購入した店舗やメーカーのカスタマーサポートの方に電話で連絡をして、聞いてみる方法もあります。

また出張訪問によるPCの修理やデータ復旧のサービスを実施されているところでは、そちらのプランも大変助かります。