ノートパソコンが故障する主な原因と修理の注文とは?

ノートパソコン(notebook computer/laptop)はデスクトップPCを小型化させて、
本体にモニタやキーボード、バッテリー、ポインティングデバイスなどが
ひとまとめに搭載された、持ち運びも簡単で大変便利なパソコンです。

ノートPCのパーツ構成や扱い方は基本的にはデスクトップとほぼ同じで、
また、エラーや故障などたまに起こりがちなトラブルも共通しているのですが、
ノートパソコンの方が全体的に壊れる要因やきっかけが多くなる傾向があります。

主なノートパソコンの製品の一覧

・ASUS(アスース):NX NX500JK-XH72T 15.6-Inch Laptop ノートパソコン
・Panasonic(パナソニック):CF-MX4FFHBP Let’s note MX4
・HP (ヒューレット・パッカード):Stream 11-d000 series HP Stream 11-d012TU KINGSOFT
・東芝 (TOSHIBA):Dynabook PR35MGAD483AD71 Windows7 Pro Corei3 1.7GHz 4GB 500GB
・マウスコンピューター:8.9型Win8.1タブレット 2in1 PC Office付 WN891
・NEC(日本電気):15.6 型ノートパソコン PC-VK14
・Acer(日本エイサー):Aspire E11 Celeron N2840/4G/320G/11.6/Win8.1withBing E3-112-F14C/S
・富士通(Fujitsu):FMVA0802YP LIFEBOOK A574KX Windows7 Professinal 32/64bit
・Apple:Macbook Air USB3.0 A1466 13.3インチ SSD:512GB メモリ容量:8GB OS X Mountain Lion13.3
・エムエスアイコンピュータージャパン:GTX980M SLI構成 GT80 2QE-051JP

マシンのパーツやシステムが破損の要因の一例

まずは普通のデスクトップPC本体と同じく、

・電界コンデンサの劣化や熱暴走によるトラブルが出た。

・ハードディスクドライブの老朽化・ヘッドクラッシュによる物理的な破損が起こった。

・システム削除など、間違えた操作や第三者による人為的なミステイクが出てしまった。

・コンピューターウイルス感染によるデータ障害が起きた。

・長時間の起用によるフリーズやシャットダウンが発生した。

といったハードウェアとソフトウェア両面での損壊のケースが多いです。




ノートブックPCの持ち運び中の破損とは?

ノートPC(ラップトップ・コンピューター)は、性能的には基本的にデスクトップ(据置型)よりやや劣るものの、
近年発売された製品でしたら十分に満足な性能と処理速度で扱うことができます。

しかし、上記のアクシデントの原因に加わって、

・外出の際、持ち運び中にかなり強い揺れや衝撃の影響を受けてパーツの接続に影響を受けてしまったり基盤が傷んでしまう。

・LCDのインバータが損壊する。

・水やコーヒー、お茶類、スープといった飲料をパソコン作業中にこぼしてしまう。

・水溜りに落としてしまったり豪雨にさらされて濡れてしまう。

・外での埃や塵、日光、高熱、低温、湿気、電磁気、静電気、雨、雪、砂嵐など電子機器の大敵となる外部環境にさらされてしまう。

など、日々持ち運びによる移動の機会が多い場合は、
携帯電話の故障トラブルと同じようなパターンに遭われてしまう確率も高いです。

ノートパソコンの液晶画面が損傷した場合は、液晶画面付きの上フタを、
同機種の中古ノートパソコンを買って交換して使用する、という修理の方法もあります。

しかし中古のため、壊れたノートパソコンといつも同じ機種の在庫があるとは限りません。
ジャックショップや私設のパソコン修理店に問い合わせてみることもおすすめします。

ノートパソコンで外部の液晶モニターが繋げられない時は?

次に、ノートパソコンのモニターのみが故障した時に、
デスクトップPCなどで使用している液晶モニターで画面を映そうとしたら、
側面に配置されたディスプレイポート(DisplayPort)の差込口と、
現在使用されているDVI端子(Digital Visual Interface)のコネクタの形状が合わず、繋げられない場合について。

基本的には、ブック型パソコンに接続して標準出力(スタンダード・アウトプット)を使用するための、
別のディスプレイケーブル、またはHDMI端子などへの変換ユニットを購入します。

MacBook(マックブック)といったハンドベルトコンピューターの場合は、
Macパソコンに対応されたディスプレイケーブルを使用します。

そちらを液晶ディスプレイとノートPCのそれぞれの端子の差込口につなげて、
出力装置へのデジタル接続(digital connection)を行ってみてください。

液晶ペンタブレットといった、特殊な大型のモニターのアウトプット・デバイスを接続する場合は、
ディスプレイケーブルとは別に、USBケーブルの接続が必要になるものもあります。

また、ノートパソコンの内部にグラフィックカードなどが搭載されていなけれれば正常に映らない、
といった、対応された動作環境(hardware requirement)が必要な装置もあります。

ネットブックのトラブルが起きたら?

通常のノートブック型よりも更に小型化されてモニタのサイズも
14.1インチ以下になっている機種であるネットブック(NETBOOK)の場合だと、
スペックや容量、内部パーツが最低限に抑えられています。

なので、CD/DVDディスクは外付けドライブでしか読み込めない、といった点もあります。

また、メモリやHDDの容量不足でエラーや動作遅延がデスクトップ型より多く発生することも場合によって起こりえます。

ほか、ノートパソコンがフリーズして動作が重くなった時に修理するには?という疑問については、こちらのページにて。

他者の機材を自動車やバイクの事故で壊してしまったら?

自動車やバイクといった乗り物を運転している時に、ミスでぶつけてしまい対向車の車体を壊してしまうと、
その期間内に代用するための代車を使っていくための費用だけでなく、相手側にはトランクや座席にあった備品の
ノートパソコンやモバイル端末、サーバ、周辺機器などの修理や買い替え、といった料金もかかる可能性があります。

また、コンビニやスーパー、ビル、営業所など、建物に車を突っ込んでしまった場合、
壊れた箇所の修理の完了までに営業で得られたであろう利益の分の休業による損失だけでなく、
店内を破壊してしまった際の、破損した電子機器の修理や買い替えによる交換といった修繕の費用も出てきます。

そしてこれらの間接的な破損は、やはり自動車やバイクで事故を起こしてしまった加害者側の所有者が、
他者の所持品を乗り物の事故によって壊してしまった場合に、賠償金を支払う義務が発生します。

電子機器が破損した時の賠償金も保険の填補の対象になる?

自動車事故では自分自身の業務への復旧までにかかる治療費や車の修理の費用などが
直接的にかなり数の多い面で発生する上、さらには賠償金の請求での直接的・間接的な支払いの義務も出るため、
任意の自動車保険のサービスに入っていない状態だと、その修理の出費は相当な金額になってしまいます。

そんな時のために、相手側の積み荷にあったノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末、
サーバ、周辺機器などが壊れた際にコンピューターの修理サポートに出したり、
新品への交換をする際に、自動車保険で付帯できる、物品の方の填補もしてもらう、
対物破損賠償サービスにあらかじめ加入をされておくこともおすすめします。

相手側の営業利益の損失の分や代車の費用といった間接的な被害額の補填だけでなく、
物品の修理や交換の際の費用、また建物の機材の修理や買い替えにかかる費用も補償してもらうことができます。

パソコン修理サービスで故障の状態を直してもらう

メーカーの種類によって頑丈さや故障の起こりやすさにも差があるのですが、
近年のPCが小型で丈夫になってきたとはいえ、やはり精密機器でデリケートな部分もあります。

コンピューター装置の持ち運びの際には出来るだけ丁寧に、大切に扱うように心がけていくのがやはり一番です。

急に壊れてしまいすぐに直したい時は、専門のパソコン修理サービス店にて、
現在の状態や破損箇所を手早く見てもらい、適切な処置で直してもらわれることをおすすめします。