薄型のノートパソコンのOSをリカバリーするには?

通常のノートパソコンと比べて薄い形状の、パーツが限定されている薄型のノートパソコンを
日々お使いの際に、エラーや故障の問題が発生して正常に起動ができなくなったら、
どのようにすればリカバリーして直すことができる?という疑問について。

ウィンドウズの問題

搭載されているOS(オペレーティングシステム)は主にMicrosoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)の
XPやVista、7、そして8、10が使われています。

持ち歩きやすい、軽い、といったPC本体としての製品がコンセプトにおかれているため、その用途は主に
インターネットの閲覧など、基本的に必要最低限の使い方にまで限られた設計の状態となっています。

そのため、重いアプリケーションソフトウェアを数多くインストールして使用したり、HDDまたはSSDに
大容量のファイルを格納するのには不向きで、無理な使い方をしてしまうと、OSの障害など
故障の原因になってしまうことがあります。




コンピューターの回復用機能

普通のデスクトップパソコンやノートPCでMicrosoft Windowsのオペレーティングシステムが
破損して起動しなくなった場合は、内蔵のフロッピーディスクドライブかDVD光学ドライブに、
Windows起動ディスク、または再インストール専用ディスクを使用します。

そして再セットアッププログラムや上書きインストール、回復コンソールなどのプログラムを
立ち上げてリカバリー更新作業を実行して、大抵のシステム障害は修復することができます。

ディスクの読み込み

薄型のノートパソコンの場合は、内蔵されている部品が限定されているため
CD/DVD/BDドライブの読み込み装置が搭載されていません。

そのため、そのままの状態では、同梱されている起動ディスクを使うことが
出来ないため、外付けのDVDドライブ装置(別売)などが必要になります。

ですが、コンピューターの機能自体が無事であれば、復元できる方法は数多くあります。

外部接続でのリカバリー用ディスクの起動

具体的には、薄型のノートパソコンの起動前に外付けDVDドライブをUSBコネクタで接続し、
USBブートでUbuntuといったOSの起動ディスクを立ち上げて先にデータのバックアップと復元を行います。

その後、システム修復ディスクやイメージディスクをパソコンに読み込ませて、
リカバリーの作業を開始します。

またはインターネット回線を通してネットワーク経由でリカバリプログラムを上手く使用したり、
予め別のパソコンを使って再インストールのソフトウェアを
SDカードやUSBフラッシュメモリにコピーして使う方法も有効です。

デバイスの接続ができない場合の修復

しかしUSBコネクタからデバイスが認識されないような重い障害が発生していたり、
ハードディスクあたりが物理的に故障してリカバリー作業が効かない時は、
薄型のノートパソコンをPC修理サポートサービスに持っていって、業者の方に直してもらうことが最も確実です。

先にハードディスクの内部のデータを回収したい、という際には、専門のデータ復旧サービスへ
注文をして、見てもらわれることもおすすめします。