レジストリの最適化や整理と変更をする時には?

WindowsパソコンをOSを特に再インストール等の整理をせず長い間使うと、
アプリケーションソフトウェアやプログラムファイルが次第に増えてレジストリが肥大化し、
パソコンの起動や操作時に読み込むデータが多くなりPCの動作が重くなっていく場合もあります。

レジストリはOSを動かすための中心とも言えるシステムで、レジストリ最適化/エディタ/クリーナーの
ソフトウェアを使い、手順に従って再構築や変更を行う事で最適化をする事もできます。

しかしパソコンのマニュアルや参考書、ソフトウェアの解説にはレジストリの操作や編集による
設定変更を行う際には、「全て自己責任の上で行うように」、との注意書きがよく書かれています。

なぜならば、レジストリはパソコンごとに設定や書き込みデータが違いましてユーザーごとの
プロファイルや使用ポート、アプリケーションの関連付けなど全て組み合わせも設定も異なるためです。

そのためレジストリの書き換えに失敗してエラーが発生しても、
業者の方で以前と同じ構造に修復してもらう事が出来ない難点があります。

そのためレジストリの再編成や整理で書き換えを行う際には必ず事前に
レジストリエディタなどのツールでバックアップを取る必要もあります。





PCが古いものだとHDDの容量が少なかったりスペックが不足気味だったりと、
やはりユーティリティーのインストールで一苦労しやすくなりがちです。

パソコンに入れてみたくなるソフトウェアは次第に多くなりやすいですね。
管理者もHDDの整理がかなり大変だった時期がありました。

万が一、バックアップにもエラーが起きて失敗したらレジストリが動かなくなる
おそれもあるため、操作はやはり全て自己責任の上で、ということになります。

レジストリのクリーナーを普通に使って機能に任せるだけであれば
大抵は問題なく最適化できるのですが、ファイルを過剰なまでに削除して整理すると
変更後にウィンドウズ動作に問題が起きる場合があるので注意してください。

もしエラーが発生してWindowsが正常に動かなくなってしまったら
Windowsクリーンインストールといった手段で回復させる必要があります。

以前のレジストリ設定時にあった貴重なデータを元に戻したい場合は
先に専門のデータ復旧センターやパソコン修理サービスの方へ一度
お問い合わせをして、詳しい状態診断を教えてもらわれることをおすすめします。



『「システムのリカバリー」のカテゴリーの前後のページ』

«

»