以前のバージョン機能でシステムの復元を実行する手順

Windows Vista(ウィンドウズ ビスタ)のBusiness・Ultimateエディションに搭載されています
システムの復元機能の一つ、『以前のバージョン』を用いた、
データ復元を行う操作の手順を詳しくご説明します。

この機能は、ドキュメントを元の保管場所に貼り替えるだけでなく、
別のフォルダにコピーして作成させる事も可能なシステムです。

まずはパソコンを起動して、デスクトップ画面左下のメニューにある
スタートメニュー一覧の、「ドキュメント」を右クリックしてプロパティを開きます。

ドキュメントのプロパティ画面で【以前のバージョン】タブを開き、
フォルダのバージョンの項目にある保存データを選択して『復元』を押します。

ここで複数のドキュメントが表示されている時は、『開く』を押して各データの内容を確認する事ができます。

前とは違う場所に復旧させたい場合は『コピー』を押して「項目のコピー」で
表示されたフォルダ一覧から場所を選択してもう一度「コピー」を押して実行しましょう。

確認画面でもう一度『復元』を押します。





次の動作で【対象のフォルダへのアクセスは拒否されました】というダイアログボックスが
表示された時は『すべての項目にこれを実行する』にチェックを入れて、スキップを押します。

【フォルダは以前のバージョンに正しく復元されました。】と表示されましたらOKを押して修復作業が完了です。

Windows XP以前のOSとVistaのホームベーシック・ホームプレミアムには
以前のバージョン機能は使用が出来ませんのでご注意下さい。

外付けメディアに保存しておいたバックアップデータからの移し変えや、
データ復元ソフト・サービスにてファイルの復旧を行われる事を推奨します。



『「システムのリカバリー」のカテゴリーの前後のページ』

«

»