OSのドライブをフォーマットした時に復旧するには?

パソコンやサーバ、ブート機能用ディスクなどの、オペレーティングシステムをインストールしてあったハードディスクやSSD、メモリーカードに間違えて「フォーマット」をかけて削除しまった場合はどうすれば復旧できる?という疑問について。

例えばWindowsなどのOSをインストールしていたCドライブ(ローカルディスク(C:))を一旦使わなくなったためドライブベイから取り外して別のパソコンに外付けハードディスクとして使っていた時に、

別のリムーバブルディスクと間違えてクイックフォーマット(format)を掛けると、そのまま表示形式を書き換えして初期化による変更ができてしまいます。

一回リムーバブルメディアの記録形式をフォーマットして上書きする指示を送り、最終確認の入力画面でそのまま「はい」と押したら、途中でキャンセルする時間もなくすぐに処理が終わって内容が書き換わってしまいます。

その後はWindowsのエクスプローラー上でも、スーパーバイザーの中核にあたるカーネル(Kernel)や個別にインストールして拡張したアプリケーション、デバイスドライバなどほぼ全て消去されているため、「このフォルダーは空です。」と表示されます。

一回初期化をしてしまったハードディスクやSSDはOSも削除されてセクタの中身もそのコンピューターの形式に書き換わっているため、もう一度パソコンのドライブベイに入れ直してオペレーティングシステムを起動しようと試みると、

「An operating system wasn’t found. Try disconnecting any drives that don’t
contain an operating system. Press Ctrl+Alt+Del to restart」
「オペレーティングシステムが見つかりません。OSを含んでいないすべてのドライブを外して、起動を再開してください。」

という意味の、黒い背景に白文字の画面になって、立ち上がらなくなってしまいます。

WindowsやMac OS Xのオペレーティングシステムは、メーカーのカスタマーサポートや私設のパソコン修理サービスで再インストールをしてもらうこともできます。

しかし、それまでに保存されていた個人用のファイルは規定により消去が行われる、またはOSの上書き保存が行われて拡張子の痕跡が消える可能性があるため、必要なデータがまだフォーマットしたハードディスクに残っていた場合には、先にデータ復旧サービスに注文をして診てもらわれることを推奨します。

オペレーティングシステムがインストールされたハードディスクドライブは普通はCドライブ(プライマリパーティション)として稼働しているため、そうそう間違えてフォーマットしてしまうような仕組みにはならないのですが、HDDやSSD、ブート用のUSBメモリやDVD-Rなどの一時的な移動や交換の際に、うっかりウィンドウ上の操作のミスで初期化してデータを消してしまうトラブルもあります。

オペレーティングシステムの入ったドライブを誤って初期化してしまった後、引き続きそのOSを使う必要がある時は、起動/インストール用のディスクを出して、もう一度パソコンにインストールし直す必要があります。

WindowsやMac OS X、UbuntuといったLinux系のディストリビューション、など、その基本ソフトの開発元やバージョンの種類に合わせて、ヘルプや取扱説明書などの指示に従って作業を進めてください。

(※OSを探して起動するためのマスターブートレコード(MBR)が破損した場合は、そちらも修復する必要があります。)

OS以外のアプリケーションやオペレーションシステム(Operation System/OpS)も、無事に基本ソフトがインストールできた後で、少し面倒なのですがまた一から順番にセットアップして拡張し直すことで地道に復旧する必要があります。

状況によっては、もし事前にリカバリー用の「システム修復ディスク」やOSのコピー用の
「バックアップディスク」を作成していたら、そちらを使ってみると、その時の状態で
復元できる可能性もあります。

コンピューターがインストール用のディスクを読み込まない時は、ロゴ画面でDeleteキーかF2キーなどを押してBIOSの設定画面を開き、BOOTのメニューでDVDドライブを最優先で読み込むように設定を一時的に変更します。

または全く新しいハードディスクを別に用意して、そちらにインストールしてみます。

どうしてもわからない時は、メーカー先のカスタマーサポートに手順を訊かれてみたり、プロのパソコン修理サービス店に出張訪問などを依頼して直してもらってください。

ですがその前に、もしオペレーティングシステムを初期化したハードディスクやSSDに、バックアップ分のない大事なデータが入っていて、それを復旧させたい時は、そのままオペレーティングシステムをインストールするとまだプラッタに残っている「前のファイルの痕跡」が上書きされてしまうのでその前にデータ復元の作業を行う必要があります。

もしデータ復元ソフトをお持ちであれば、まずは別のパソコンにインストールします。

次に、そのオペレーティングシステムが保存されたマシンのUSBコネクタに、フォーマットしたハードディスクを外付けHDDケースに差し込んで接続します。

データ復元ソフトを起動して「フォーマットをした場合」などの項目を選んで、ディスク全体に「完全ドライブスキャン」などの入力をしてファイルを検出します。

全ての消えたファイルをOSごと完全に元の形に戻すのは難しいので個別のファイルがある程度見つかって復元できれば、そのパソコンのフォルダーやDVD-R、USBハードディスク、外付けRAID、NASなどの場所に保存する形で修復します。

もし必要なファイルが検出されなかった時は、専門でプロのデータ復旧サービスをあたって、フォーマットで削除されたデータの復元を注文されてみることをおすすめします。