OS XユーティリティでMacのパソコンを復元するには?

Apple社から販売されています、Mac OS X(マック・オーエス・テン)の
オペレーティングシステムがインストールされた、Macintoshのパソコンをお使いの際に、
デスクトップの画面が正常に開かなくなる、といったPCの不具合が発生したため、
ディスクユーティリティなどを起動して復元するには、どのようにすればいい?という疑問について。

OS Xユーティリティを起動してパソコンを修復する方法とは?

※こちらのページでは、OS X El Capitan(エルキャピタン)のバージョンがインストールされた、
 Macパソコンで、OS Xユーティリティの機能を操作して復元をする方法の事例について、解説いたします。

まず、Mac OS Xのシステムには、Recovery(リカバリー)という、
特殊な「復旧パーティション」(partition)が作成されています。

ここに「OS Xユーティリティ」という、コンピューターの状態を復元するための機能が搭載されています。

Commandキー(コマンドキー)とRキーを同時に押し続けたまま、電源ボタンを押すと、
OS Xユーティリティが起動します。

また、Commandキー、Optionキー、Rキーを同時に押しながら電源ボタンを押すと、
インターネット回線を経由して、OS Xユーティリティーを開くこともできます。

もし、MacBook ProまたはAirなど、ノートパソコンのキーボード自体も故障して入力が効かない場合には、
Macパソコンに対応されている専門事業のデータ復旧サービスに注文をして、
中身のHDDやSSDのデータを取り出しする形で、復元の作業をしてもらわれることを推奨します。




Time Machineの機能でバックアップしたデータから復元する

次に、最初の画面では「Time Machine バックアップから復元」「OS Xを再インストール」
「ヘルプ情報をオンラインで取得」「ディスクユーティリティ」というサービスの項目が表示されます。

事前にTime Machine(タイムマシン)の機能を有効にしていれば、過去のOSの状態に巻き戻す形で、
エラーのトラブルなどが起きたシステムを、後から以前の状態に巻き戻す形で復旧することができます。

また、Macのアプリケーション強制終了でフリーズを修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

軽いエラーの場合は、セーフブートでパソコンを起動してから、
また通常モードで立ち上げ直すと、自動的に問題から修復されることもあります。

ディスクユーティリティのFirst Aidを開く

次に、「ディスクユーティリティ」(disk utility)では、First Aid(ファーストエイド)の機能を使って、
HDD・SSDの内部のシステムのエラーを ある程度チェックして修復したり、
パーティションの設定を変更することができます。

もし、Mac OS Xの操作に慣れていなくて、OS Xユーティリティの操作や設定が難しそう、
という場合は、Macパソコンの製品のトラブルに対応されたパソコン修理サポート店や、
データ復元サービスへのご依頼も、検討されてみることをおすすめします。




Mac OS Xのオペレーティングシステムをインストールし直す

また、「OS Xを再インストール」で、El Capitanのオペレーティングシステムを、
新規でインストールし直す形で、AppleのMacのパソコンを復元することもできます。

各機能を閉じるには、画面上のメニューにあります機能名を選択して、「~を終了」を押します。

また例として、Macのディスクユーティリティでストレージデバイスを修復する の解説も参考までに。

コンピューターの起動ディスクを使用してパソコンを開くには、
画面左上のAppleマークを押して、「起動ディスク」を選択します。

Macintosh HD OS X ~」のアイコンを選択した状態で、
「再起動」を二回クリックして、パソコンを立ち上げ直します。

パソコンを修理サービスに出して直してもらう

また、電源ボタン自体が反応しないような深刻な故障が起きて、
OS Xユーティリティが開けなかったり、事前に作成した復元ディスクも読み込みできない場合は、
やはりMacパソコンの本体を一度、修理サポートに出されてみることをおすすめします。

もしパソコンの内部にまだ必要な個人用ファイルが残っていて、バックアップの分もなかった場合には、
こちらもMac OS Xに対応されています、プロのデータ復旧サービスに問い合わせて、
パソコンの内部のHDDやSSDに残ったデータを、救出してもらわれることをおすすめします。