USBへのアクセスができず認識しない状態から回復するには?

パソコンをはじめとする電子機器に付いたUSBポートの差込口に接続して使用する、
シリアルバス規格のUniversal Serial Bus(ユニバーサルシリアルバスを用いた機器)の
一種である、「USBデバイス」(またはUSBグッズ・PCアクセサリー)をお使いの際に、

ある時 USBコネクタを差し込みしても正常につながらずデバイスが認識しない場合には、
どうすれば装置の機能や内部データへの接続の回復ができる?という疑問について。

USBポートの差込口を入れ替えてみる

まず、USBポートの差込口を間違えていないかどうか、
あるいはUSBアクセサリー自体が正常に差し込まれているかどうかを確認します。

コネクタにゴミや汚れが付着していたら、それを丁寧に取り除きます。

蓋が開けずらいなどの、ゴミや埃を取り除くのが難しい機器の場合は、
コンピューターの修理サポート店やデータ復旧サービスといった専門業者の方に
注文をして、作業を行ってもらわれることをおすすめします。

別のパソコンのUSBのコネクタで認識させてみる

USBポートが二つ以上あるコンピューターをお使いでしたら、別のUSBポートに差し替えてみます。

また、二台以上のパソコンをお持ちでしたら、試しに違うPC本体にUSBグッズを付け替えてみます。

USBタブを通してつなげようとしたら認識しない、という場合は、
コンピューターの本体に直接つなげてみると、接続状態が回復することがあります。

対象のUSBグッズ(goods)、USBタブ(tab)またはパソコン本体が古い場合、
互換性がないために正常に読み込みできない可能性があります。

USBメモリが過熱や経年劣化で壊れた時は?

USBメモリといったメモリーカードを、パソコンやルーターといった電子機器のコネクタに差し込みした後で、
もう一度すぐに差し込みし直したら、デバイスが認識しない状態でデータの使用ができない時には、
Universal Serial Bus(ユニバーサルシリアルバス)の装置に熱が溜まったたまで反応しないことがあります。

その際には、しばらく外しておいておくと熱が冷めて、アクセスの状態が回復する場合が多いです。

施設や乗り物といったサービスで配置されているUSBコネクタに差し込みしたら繋がらない、
という場合も、お使いの製品にはコネクタが対応されていないか、サービスの設備が準備中である、
あるいはまだノートパソコンなどで使った直後で、過熱したままである場合もあります。

USBメモリが過熱や経年劣化で壊れて、個人ではどうしても読み込めなくなった、
といった場合には、USB機器の物理的な破損に対応された「データリカバリーサービス」に
提出をして、ファイルを回収してもらうのが、最も確実な救出の方法です。

USBメモリが破損してしまった時に復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

デバイスドライバの再インストールで修復

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンに接続した場合は、
コントロールパネルの「デバイスマネージャー」を開きます。

一覧リストの中の「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」や「ディスクドライブ」
といった各項目を開いて、対処のUSBグッズのデバイスドライバが表示されているかを確認します。

エラーマークが出ていましたら、そちらの項目を選択して、
右クリック→「デバイスのアンインストール」を行います。

USBグッズを一旦USBポートから引き出して、パソコンを再起動してから、もう一度接続します。

これで、正常に認識する状態になれば、回復に成功です。

故障した後にデータを回復するには?

USBアクセサリー(USBグッズなど)は、消耗品に近い製品も多く、わりとすぐに壊れてしまうこともよくあります。

故障したら、基本的には買い替え、または値段の高い製品は修理サービスに出して、
直してもらうことをおすすめします。

また外付けHDD、外付けRAID、外付けDVDドライブ、MOドライブ、デジタルカメラといった
データ記憶装置は、ドライブ装置が故障しても、内部のハードディスクやSDカードなどが
無事であれば、読み込み装置を交換することで、ファイルを開いて復旧することができます。

USBメモリなど、データの記録部分が取り外せない機器が故障したり、
データ記憶装置自体が破損した場合には、プロのデータ復旧サービスセンターに注文をして、
内部の必要なファイルの抽出による回復の作業を行ってもらわれることを推奨します。