TeraStationから外付けHDDにデータをバックアップ

バッファロー(BUFFALO)から発売されているNAS(ネットワークアタッチストレージ)の製品
「TeraStation」(テラステーション)を使用する際に、内蔵ハードディスクドライブの本体に
保管されたファイルやフォルダーを、NAS本体とはまた別に予備のバックアップデータを保存して、
より安全にして、もしもの時にデータ復旧ができるようにするには?という疑問について。

主なテラステーションの製品の一覧

・BUFFALO:TeraStation RAID6対応 Read.65MB/s 4.0TB TS-XH4.0TL/R6
・BUFFALO: Windows Storage Server 2012R2 WSS HR 12TB WSH5610DN12S2
・BUFFALO:テラステーション ネットワーク対応HDD 2TB TS-WX2.0TL/R1
・BUFFALO:WS5600D2406SR2 TeraStation WSS NASサーバー
・BUFFALO:TeraStation TS3410DNシリーズ 8TB TS3410DN0804

テラステーション

まず、TeraStationの筐体には、USBポートが付いています。

こちらに外付けハードディスクなどのUSB機器を接続して、読み込みすることができます。

パソコンの電源を起動して、同時にNAS本体も起動します。

TeraStationのUSBポートに、外付けHDDケース、またはポータブルハードディスク、RAIDケースの
USBケーブルを差し込みして接続します。

非常に多くの電子機器からファイルやフォルダーをバックアップをする大作業になる場合は、
データの保護や復旧サービスが実施されている専門のコンピューターサポート事業への
注文も検討されてみることをおすすめします。




ウェブブラウザでの設定

NAS Navigator(ナス・ナビゲーター)をデスクトップ画面から起動して、
TeraStationがネットワークから検出されましたら、右クリックで「WEB設定を開く」と進みます。

ウェブブラウザで管理画面が開きましたら、ログオンします。

「ディスク」のメニューから、 「USBディスク」の項目にある矢印マークを開きます。

まだ使用していないハードディスクでしたら、「ディスクフォーマット」を行います。

すでに別の電子機器で使用しているHDDをフォーマットすると、
 データがすべて消えてしまいますのでご注意ください。

また、パソコン修理店やデータリカバリーサービスでも、電子機器のデータバックアップの
代行作業を受け付けている所もあります。

次に、「ディスクチェック」を行います。

USBハードディスクに、自動で定期的にテラステーションのデータをバックアップするには、
まず「バックアップ」のメニューから、「バックアップタスクの追加」と進みます。

新しいバックアップタスクの設定を行って、フォルダーの選択画面から外付けHDDを選択します。

ウェブ設定

「OK」を押して、設定を実行します。

また、外付けHDDをパソコンの方のUSBコネクタに差し込みして、
デスクトップ画面から外付けHDDとTeraStationのフォルダーを同時に開いて、
コピー&ペーストなどを行って、手動で任意のファイルをバックアップすることもできます。

その際には、「share」のフォルダなど、データが保存されているディレクトリを個別に開いて、
また外付けハードディスクやRAIDの方には手動バックアップ専用のフォルダーを新規で作成して
ファイルを保存されていくと、整理して保管ができます。

もし、作業の際にTeraStationがネットワークに繋がらずパソコンからアクセスできない、
またはUSBポートに外付けHDDが認識しない、LANポートにLANケーブルが認識されない場合は、

接続するポートを変更したり、別のパソコンに繋げてみる、再起動してみる、
無線LANルーターの位置を変えて、一度電源を切って冷やしてから再度起動してみる、
といった手順を試されてみてください。

どうしてもバックアップがうまくできない、という場合は、TeraStationといったNASのトラブルに
対応されたパソコンサポートセンターに問い合わせて、出張サービスなどを受けて
アクセスやバックアップの代行作業をしてもらわれることもおすすめします。



『「TeraStation」のカテゴリーの前後のページ』

«