Microsoft Outlookの受信トレイ修復ツールとは?

「Microsoft Outlook Express」(マイクロソフト・アウトルック・エクスプレス)には
うっかり届いてきたメールを消してしまった時のための『受信トレイ修復ツール』
という便利な復元機能が搭載されている事をご存知でしょうか?

マイクロソフト社の電子メール送受信用クライアントソフトウェアである『OE』(またはOLEXP)には、
普段からトレイにたくさんのメールやアイテムが毎日届いてくるため、
たまに間違えて、貴重な連絡を他の不要なメールと一緒に消してしまわれたり、受信を見落としてしまい
一括でデリートしてしまった、というケースに遭遇されてしまわれる場合もあるかと思われます。

そんな時にはこのプログラム操作での復旧が可能です。

個人用フォルダ (.pst)、ないしオフラインフォルダ(.ost) のデータを復活できます。

まず、手順は「スタート」→「検索」→「ファイルとフォルダすべて」と進んでいきます。

(Outlook2000の場合は「scanpst.exe」 ファイルを検索します。
Outlook2007[アウトルック・エクスプレス]の場合はヘルプを参照。)

「scanpst.exe」フォルダがある事を確認しましたら、次に、「受信トレイ修復ツールを起動」
→「scanpst.exe」→「個人用フォルダ」とクリックしていきます。

最後に開いたメッセージボックスの「開始」を押して、動作が終了しましたらOKを押して、
復旧作業は完了です。





OutlookExpressでの受信トレイ修復ツールの作業後、
元のトレイに届いたメールの一覧が表示されていれば、データの復帰に成功です。

※scanpstが見つからない場合は「隠しファイルを表示しない設定」を解除してから、
 回復作業を再開します。

※途中でエラーメッセージが出てきましたら「修復」を押してください。

ですが、受信トレイ修復ツールでもメールのファイルが元に戻らなかったり、
パソコンからWindowsのオペレーティングシステムを丸ごと削除してしまった時には、
通常のゴミ箱関連の機能では開けなくなってきます。

その際には、『ファイナルデータ』や『SUPERファイル復活』といった
データ復元ソフトの製品を、パソコンにDVDブート機能などで起動して、
ハードディスクに残留しているデータの痕跡から修復を試みる方法もあります。

それでも何かのエラー障害や痕跡の検知の失敗で上記の方法で開かないので、何とか復帰したい、
という場合や、貴重なメールデータをより確実に取り戻したい、という際には、
専門のデータ復旧サービス店にてメール復元の措置を注文されてみることもおすすめします。



『「電子メールの復活」のカテゴリーの前後のページ』

«

»