ブラウザやOSのバージョンアップ後に一部のページが見れない時は?

Microsoft社から提供されているウェブブラウザ「Microsoft Edge」(マイクロソフト・エッジ)や
IE(インターネット・エクスプローラー)は、
WindowsのOSとともに、定期的に新しいバージョンがリリースされています。

ブラウザの新しいバージョンが登場した後でいつでもインターネットから手動で
バージョンアップすることができます。

また、「Windows 8」から「Windows8.1/10」にアップグレードしたりと、オペレーティングシステムの方で
バージョンを更新する際にもブラウザの方も一緒にアップグレードする、というケースもあります。

しかしブラウザが更新された後で、
稀に一部の特定のウェブページが突然、表示できなくなってしまうことがあります。

特殊なコンテンツの含まれるページや自動生成される動的ページ、またログイン(サインイン)して
入るページやIPアドレスのページなど、少し特殊なタイプのウェブページでたまに起こります。

まず、「Webページが見つかりません」と表示された時は、
パソコンがインターネットに繋がっているかどうか、別のページを開いて確かめます。

次に、URLアドレスの入力ミスがないか、確認してください。

または、そのサイトや個別のページが閉鎖されてなくなっていないか、
ドメインのトップページやサーチエンジンの結果表示などを見てチェックしてください。

お使いのブラウザでは対応されていません。」といった表記が出た時は、一旦、
前の閲覧できた時のバージョンにダウングレードして再度開くと、再びページが見れる可能性があります。

または他のIT企業にて提供されているウェブブラウザの「Google Chrome」(グーグルクローム)、
「Safari」(サファリ)、「FireFox」(ファイアフォックス)、
などをインストールして、
そちらでネットのページ開いてみると閲覧できることもあります。




逆に、Windows 8をWindows 7やXPにダウングレードして一緒にウェブブラウザも
Microsoft EdgeからIEに切り替えていた場合や、再インストールをしてOSごと初期化した場合にも
起こりえます。

その時には、ブラウザを起動してからメニューバーの「ヘルプ」⇒「バージョン情報」で現在のバージョンの
数字を確認して、OSを更新する前と違っていたら、最新版にバージョンアップし直してください。

また、アドオンなどが無効になっていたら、再度有効に設定し直してみます。

他のよくある原因として、アップデートの後で「互換表示設定」がリセットされてしまったために
このページは表示できません」と出て開けないことがあります。

まず、パソコンを起動してデスクトップ画面かスタート画面から
InternetExplorerのウェブブラウザを開きます。

右クリックで「メニューバー」を有効にして、「ツール」のタブにある「互換表示設定」を開きます。

「追加するウェブサイト」の入力欄に、開けないページのURLアドレスかドメインのアドレスを入力して
「追加」を押すと、すぐ下の一覧リストにそのドメインが加わります。
(ISPの契約で各個に割り当てられたIPアドレスでも有効です。)

そしてF5キーを押してページの再読み込みをするか、一旦ブラウザを閉じてもう一回開き直すと、
今度は以前と同じように開ける可能性があります。

それでもページが開けず、どうしても原因がわからない場合には、そのホームページを提供されている
サービスの方に問い合わせをして、考えられる原因と解決方法を一度、訊かれてみてください。