『ページが見つかりません HTTP 404 未検出』のエラーを修復

インターネットのホームページやウェブログなどの、ウェブページを見ていくとたまに、

『HTTP 404 未検出 ページが見つかりません』
『サーバーが見つかりません ページを表示できません』
『403 Forbidden』

といった、白地に文字だけのコンテンツがないページが表示されることがあります。

これらのエラーが出てきた時には、どうすればウェブページ、またはパソコンの状態を修復することができる?という疑問について。

「HTTP 404 未検出 ページが見つかりません」の原因は?

まず、ブラウザの画面に「HTTP 404 未検出 ページが見つかりません」と出た場合の対処法について。

その際にはパソコンの調子が悪いのではなく、ページを構成するHTMLファイルが、
サイト先のファイルマネージャー(レンタルサーバー上の保管庫)から削除されているか、
一時的なアクセスエラーで映らないだけで、PC本体の回路の故障ではありません。

サイトの閉鎖や移転、サーバー先の故障によるデータクラッシュなどの要因で、
ページのファイルそのものが消えて、リンク切れを起こしている状態が大部分です。

また、どこのホームページサービスでもサーバの整理中やアクセスの集中する時間帯には、
一時的にページが閲覧できなくなる場合があり、数時間~半日ほど時間が経ったら回復するケースもあります。

どうしても必要なページで、どれだけ待っても表示が復活しない時は、
サービス元に問い合わせて、復旧の依頼をされてみるのも、一つの方法です。




「サーバーが見つかりません ページを表示できません」と出たら?

次に、ウェブブラウザーを起動して、インターネットを開こうとしたら、
「サーバーが見つかりません ページを表示できません」といったメッセージが出て、
急に接続できなくなった場合に、エラーから修復をする方法について。

まず、パソコン本体の静電気の蓄積などが考えられます。

パソコンの電源コンセントを抜いた状態で、数回ほど電源ボタンを空押ししてみると元に戻ることもあります。

また例として、ダウンロードサイトを開く際に、HTTP 404 未検出と出てしまう場合の解決方法の解説も参考までに。

ワイヤレスのランプが光らない場合、インターネットの設定が正常にできていないか、
電波が届きにくい位置にパソコンがあるか、モデム(ルーター)の台数やサービスの制限といった理由があります。

パソコンとルーターの電源を一度切って、PCを近くに置いてから部屋の窓を開けて再度接続をしてみてください。

モデムやルーターの電源を切って少し待ってみる

次に、モデムやルーターの契約によって、コンピューターに接続できる台数の上限数が決められていて、
その台数の限度を越えていて繋がらない場合もあります。

モデムやルーターの電源を切って、電源コンセントを抜いて数分間待ってみると、
ネットワークが使用できるコンピューターの上限の登録数がリセットされて、
またインターネットに接続できるケースもあります。

また、ルーターの故障の原因を確認して復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

しかし、内部のマザーボードやネットワークカードが破損していると、
エラーの修復や、交換による修理の措置が必要になります。

PC本体に問題があって、内蔵されたストレージにあるファイルが開けなくなってしまった場合には、
プロのデータ復活のサポートを実施されたサービスにて、リカバリーをしてもらう方法もあります。




「HTTP 403 このページの表示が認められていません」と出たら?

次に、ウェブブラウザーで特定のウェブページを開こうとした時に、
『HTTP 403(アクセス不可) このページの表示が認められていません』と表示された場合の直し方の手順について。

その際には、ウェブページの閲覧に会員登録・サインアップなどの許可が必要になるページか、
IPアドレスの相性の問題で制限が出た状態です。

別のIPアドレスやインターネット環境から、開ける場合もあります。

自身のホームページが閲覧できない時は?

次に、インターネット上で、自身が管理されているホームページやウェブログで、
ウェブブラウザの画面に『ページが見つかりません HTTP 404 未検出』
といったメッセージが表示される場合に、修復をする方法について。

その時も同様に、レンタルサーバやHTMLでエラーやダウンが出ていないかどうかを見て、
コンテンツのデータの表示を復旧されてみてください。

ご自身の運営されているサイトが閲覧できなくなった場合は、
その時間帯にサーバーのメンテナンスが行われていないか、またドメインの契約期間の終了や、
何らかの違反によるアカウント停止が発生していないかどうかを、確認されてみてください。

また、パソコン上に保存しているデータファイル自体を間違えて削除したり破損してしまった時は、
専門事業のデータ復旧サービスにて、修復をしてもらわれることもおすすめします。