運営サーバのパフォーマンスに異常が出た時に修復するには?

自社または事務所や自宅にて運用されている運営サーバやNASで、ある時パフォーマンスに異常が発生して、
正常に稼動ができなくなった時には、どうすれば機器のシステムと内部のデータを修復することができる?という疑問について。

運営するサーバのパフォーマンスを安定させるには?

まず、サーバー(Server)やネットワークドライブを、企業や自宅にて運用されていて、
24時間365日と、一年中稼動させているIT環境をお持ちの場合の対処法について。

基本的に、いつ突然パフォーマンスやその他のシステムに異常が発生して、
サーバーダウンが起こっても、すぐに気づいて対処ができるようにすることが重要です。

常時、コンピューターの稼動の状態が正常であるかどうかを監視するセキュリティのシステム、
または、マネジメント運用管理のサービスを活用されてみると、
パフォーマンスに大きな安定性が得られて安全です。

また、ビジネスサーバーといった製品を購入される際に、BTOでの注文で高スペックのパーツで組んで注文をして
最初からマシンの性能を高めておくのも、一つの安全性を高める運用の方法です。




システムを管理してアクシデントを防止するには?

次に、例えばサーバシステムの各構造:ノード・ポート・リソース・プロセスなど、
コンピューターのパフォーマンス(Performance)の状況の監視を、
随時行う必要のあるシステムは数多く存在します。

ハードディスクやコントローラ(ボード)といった部品に、常に負荷のかかっているサーバーやNASの機器が、
論理的・物理的に破損といった異常を起こしてしまうのもよくあります。

そのため、時間や予算を惜しまず運用の管理をしっかりと行われることで、
いざという時にも修復の作業で慌てずに済みます。

ネットワーク上のシステムの異常から修復をするには?

一例としまして、ネットワーク上で構築されたデータベース(DataBase)で、
システムダウンやファイルの損壊など、各種のサーバ上のトラブルが発生した時には、
かえって状況が悪化してしまうことがないように、十分に対処にご注意ください。

また、Windowsサーバといったお使いのシステムに現在かかっている負荷を、
モニタリングでチェックして、パフォーマンスの面での状況を確認することも重要です。

例として、アシスト 様での、負荷テスト時のサーバモニタリング方法 ~Windows編~の解説も参考までに。

逆に、焦ってうっかりハードディスクドライブやレンタルサーバ上の重要なデータを、
バックアップをしないまま編集して、余計に破損させてしまうなどのミスをしてしまうおそれもあります。

例えば、システムダウンの障害を早急に復旧させる為には?という疑問については、こちらのページにて。

まずは、メンテナンスのモードの告知をして、ユーザーマニュアルやヘルプを読んだり、
管理会社に相談をするなどして、万全の体制で修復の作業を行うように心がけることが大切です。

システムの異常が直らず、内部の重要なデータが開けなくなって、またバックアップの分がなかった、
という際には、サーバに対応されたプロのデータリカバリーのサービスで、復旧してもらわれることを推奨します。




サーバをコンピューターの修理サービスに出してみる

次に、電源ユニットやボード、メモリ、CPU、ハードディスクドライブといったパーツが、
外部からの強い衝撃による破損やHDDのヘッドクラッシュ、過電流などでの焼き焦げといった、
物理的な故障によるアクシデントに遭われてしまった場合は、特に注意が必要です。

サーバやのパーツが故障して使用できなくなるトラブルを防ぐには、複数の台で運用したりUPSで停電の対策をする、
ルーム内の冷却の状態を保つ、また定期的にパフォーマンスをチェックすることなどがあります。

しかし、それでもトラブルが起きてしまい、システムを使用できなくなった時は、
たとえばビジネスサーバーを運営されている際にパフォーマンスの異常が発生した時は、
ひとまずWindows ServerやmacOS Serverといったシステム上の、修復機能を試されてみてください。

経年劣化などで装置が破損する物理的な故障の問題が出た時は、OSの機能では修復ができなくなります。

その際には、サーバを取り扱われているコンピューターの機器のトラブルサポートセンターに、出張訪問による修理、
または部品の交換作業の代行を注文されるなど、適切でかつ確実な対処方法を行われることをお薦めします。

ハードディスクから失ったデータを修復するには?

次に、サーバやNAS(ネットワークアタッチストレージ)のハードディスクドライブに保存された、
重要なデータを失ってしまうトラブルを防いだり、壊れた後でファイルを復旧をする方法について。

まず特に重要な対策としまして、RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)のシステムを導入して、
ディスクアレイ(Diskarray)を作成して、HDDのデータの多重化(冗長化)をする手法があります。

これによって、サーバやNASにあるどれか一つのハードディスクドライブがヘッドクラッシュなどの障害で故障しても、
別のHDDに同じデータが常時書き込みされているため、そちらを交換してリビルドすることで修復ができます。

また、間違えて必要なファイルを消去してしまった時は、AOSデータから販売されています「ファイナルデータ」など、
Windows Server(ウィンドウズサーバ)といった、対象のオペレーティングシステムに対応されている
データ復元ソフトを起動して、HDDのスキャンを行って表示の消えた拡張子を復活できる見込みもあります。

しかし、個人でできる作業にはどうしても限度があるため、より確実に失ったファイルを元に戻したい、
という際には、専門事業のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
HDDのデータの読み込みに問題の発生したサーバを提出して、リカバリーを行ってもらうことをおすすめします。