SSDやHDDの削除したパーティションを修復するには?

パソコン本体や外付けHDD、RAIDなどの、コンピューターや周辺機器に搭載されている、
SSDやハードディスクドライブの分割記憶領域、すなわちパーティション(Partition)の、
普段データやプログラムを書き込み・保管している部分を、間違えて削除してしまった時に、
ボリュームとその内部の必要なファイルを修復するには、どのようにすればいい?という疑問について。

パーティションを誤って消去した時は?

まず、新しくパーティションを分割・作成する(パーティショニングをする)際に、
誤って必要な領域を消去してしまった場合に、復旧をする方法について。

ひとまず、そのまま勢いで新規に領域を作成されてしまうと、SSDやHDDを上書きしてしまい、
まだ表示されていない部分で残っている可能性が高い、前のデータの痕跡が消えてしまう場合があります。

なので、まずは何も作成せずに、すぐにパーティション(パーテーション)のデータの復旧作業を行う必要があります。

フォーマットや再構築による消去をした直後は、まだ『今までのパーティションのデータを削除しました』
という情報を書き込んだのみで、まだ拡張子がストレージから完全に消えたわけではなく、
その状態から新しくファイルの上書き作成を行うことで、次第にデータの痕跡が消えていく仕組みとなっています。

こちらは専用のツールを使用するか、専門のサポートの企業にて復元をすることができます。




ローカルディスクをフォーマットして不具合から回復

次に、NTFSやexFAT・FAT32のパーティションブートセクタが破損してしまった時に、直す方法について。

まず、これらのファイルシステムは基本的に、自動的にバックアップデータが作成されていて、
こちらを元のセクタの部分にコピーして、修復することもできます。

(一般の個人ユーザーでは、難しい作業になることもあります。)

または、一度UbuntuやLinux Mintといった別のOSでストレージを開いてみると、
自動的にマスターブートレコードなどの読み込みのエラーから修復することもあります。

またメーカー製のパソコンには、リカバリー領域が用意されている場合もあり、
そちらのプログラムを使用して、破損したオペレーティングシステムを復旧する方法もあります。

また、HDDが利用不可と表示される状態から修復する方法については、こちらのページにて。

あるいは、SSDやHDDのローカルディスク(Cドライブ)を一度丸ごとフォーマットしてから、
WindowsやmacOSを再度インストールする手法で、ほとんどの不具合から回復することができます。

初期化の前に残っているファイルをバックアップする

ですが、一度ストレージの初期化をすると、後から復元できないファイルが出てくることもあります。

そのため、先にほかのパソコンなどからSSDやHDDを読み込みして、
まだボリュームに残っている個人用の大事なデータの、バックアップを取る必要があります。

しかし、増設ができる別のデスクトップPCの本体や読み取り用のUSBドライブケースがなかったり、
ストレージの取り外しが構造的に難しい、小型ないし薄型ノートパソコンやモバイルPCの場合は、
自身で作業を行うのは難しそう、という場合もあるかと思われます。

その際には、専門業者のデータサルベージのサービスにて、救出をしてもらうこともできます。



デジタルデータリカバリー

HDDやSSDから間違えて削除した拡張子を修復する

次に、誤ってパーティションを消去したり、間違えてストレージ自体をフォーマットして、
パソコンの内部のデータ、または外付けHDDやRAIDケースのファイルを、
削除ミスの操作により表示が消えた場合に、後から復旧をする方法について。

まず、バックアップの分がどこにもなかった場合でも、まだ市販のデータ復元ソフトを使って、
ストレージに残留している痕跡の拡張子から、修復ができる可能性があります。

また、パソコンのCドライブが含まれたSSDやHDDのパーティションからデータが消えた時は、
DVDまたはUSBでのブート機能から起動できる、データ復元ソフトを使用されることを推奨します。

ほか例として、LIVEDATA 様での、HDD(ハードディスク)のパーティションを削除してしまった場合のデータ復旧 の解説も参考までに。

注意点としまして、一部の特殊なファイルシステムがフォーマットされたストレージの場合は、
そちらからの回復に対応されているユーティリティーであることを、購入の前にご確認ください。

NASや特殊なサーバのファイルシステムの製品は、個人ユーザーでは復元が難しい場合もありますので、
その際には、プロのデータ復元のサービスの方で、修復をしてもらわれることも推奨します。

専門のデータ復旧サービスセンターで元に戻してもらう

また、一般の個人でできる回復作業の範囲だと、パーティションから消えた大量のファイルのうち、
何割かが検出できなかったり、または拡張子が破損した状態で修復されることもあります。

あるいは、RAIDのディスクアレイが破損した場合には、
ボリュームにあるデータの読み込み直し自体ができなくなることもあります。

なるべく数多く、失ったファイルを元に戻したい、という際には、
やはり専門のデータ復旧サービスの業者にご依頼をされてみるのが、一番確実な方法になります。