USB接続機器がデバイスマネージャに認識されない時に修復するには?

パソコンのUSBポート(外部から接続する機器のコードの差込口)に、
プリンターや複合機、カードリーダー、レーザーマウス、オーディオデバイス、タブレット、USBメモリーといった、
周辺機器(peripheral equipment)を接続したところ、『デバイスに認識されません』といったエラーが発生して、
PC上で読み込めない時には、どうすれば修復することができる?という疑問について。

一度プログラムをアンインストールしてみる

まず、初めて接続する周辺機器の場合、CDまたはDVDディスクからインストールが必要なプログラムもあります。

ひとまずは、マニュアルの手順を見直されてみてください。

例えば複合機など、CDのインストール中に、手順に従ってUSBポートへ接続するものなどがあります。

正常な読み込みに失敗してしまった場合は、一度プログラムをアンインストールして、
もう一度CDやDVDからインストールをし直されてみてください。




パソコンを起動する前にUSBメモリーを差し込みしていた

次に、USBポートドライバーに、パソコンを起動する時の前(電源を入れる前)から接続していた場合、
周辺機器がパソコンに正常に読み込まれない場合があります。

USBメモリーのカードなどは、PCの起動をした後に接続しなければ、
パソコンのオペレーティングシステムが起動できないケースがあります。

また、逆にレーザーマウスやキーボードデバイスなど、
電源を入れた後にUSBの機器を接続すると、動作が反応しない場合もあります。

周辺機器を取り外してからOSを再起動してみる

次に、今まで使っていた周辺機器が突然読み込めなくなった時は、
まず以下のような、修復をする方法を試されてみてください。

・USBポートドライバーをもう一度、差し込み直してみる。

・他のUSBポートに差し込んでみる。

・パソコンを再起動して、デスクトップの画面を開き直してみる。

・周辺機器の電源を一度消して、もう一度電源を入れてみる。

・他のパソコンをお持ちであれば、そちらのPCに接続してみる。

たとえば、Nikonのデジタルカメラをパソコンと接続する手順なども、
各メーカーの製品ごとに、取扱説明書やヘルプにて記載されています。

デバイスマネージャーでエラーが表示されていたら?

それでも認識されない場合は、デバイスマネージャーに認識のエラーが生じている場合があります。

まず、画面左下の『スタートメニュー』→『コントロールパネル』→『システム』→『ハードウェア』
→と進めて『デバイスマネージャー』を開いてください。

ユニバーサルシリアルバス コントローラ]などの+マークを展開して、
!、?、×といったマークの付いたデバイス、または『不明なデバイス』と表示された項目がありましたら、
こちらをアンインストール(削除)されてみると直る見込みがあります。

また、IDEのHDDが認識しない場合にSATA変換アダプターで復旧する方法については、こちらのページにて。

その後で再びUSBポートを接続、(またはインストール)すると、
正常にデバイスに接続されて修復することができるケースもあります。

定期的な点検整備による故障のトラブルの防止と修理

次に、パソコンやユーティリティ(utilities)、外部のストレージを購入した初めの年は、
初期不良交換を除いて大抵は特に大きな不具合もなく、記憶容量の範囲で使用を続けられます。

ですが、パソコンやサーバの装置を長く使っていくには、ハードディスクドライブやソフトウェアの、
定期的なメンテナンス(点検整備の作業)を行っていかなければなりません。

コンピューターは通電しているだけでも、少しずつデバイスやシステムに不具合が出てきたり、
空気圧が低くなる、また筐体の内部が汚れてしまう、部品やバッテリーが磨耗してしまう、
などの要因で、各パーツが次第に劣化していきます。

部品が一部破損した状態のまま使用を継続していると、重大な時に問題が出る可能性もあります。

そのため、手間と費用を惜しまずにしっかりと点検と修理は欠かさず行われてください。

特に、Windowsのパソコンの内部から異音が鳴り始めた時は、故障した部品がないかどうか、
すぐにハードウェアのメンテナンスと、アクセスの問題の修復の作業などを行われることを推奨します。

しかし、それでも外部の電子機器の機材をウィンドウズのパソコンのUSBポートに接続した際に、
まだコントロールパネルにあるデバイスマネージャーなどに認識されず、装置が読み込まれない場合は、
物理的に機器の故障や差込口などの破損が起きている可能性があります。

自身ではよく判断できない損傷の場合は、パソコン修理サービスの方で見てもらうことが確実です。

無理に繋ごうとするとかえってひどくなる危険もあるため、電源やプラグを一旦外して、
専門のPC修理サービス店に故障の状態を見てもらわれることをお勧めします。