パソコンが故障した時の修理とPCのエラーのトラブル解決の方法

こちらは「パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法」のホームページの移転先のページです。

当サイトは、「データ復旧ポート:PC・HDDファイルの復元方法」のサイトと統合いたしました。
大変お手数ながら、リンク先のURLの更新を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

新URL:パソコンが故障した時の修理とPCのエラーのトラブル解決方法
新タイトル:https://datahukugen.com/pasokonpcsyuuri/

コンテンツの案内事項

当ホームページでは、パソコンをはじめとするコンピューターで起こるトラブルの原因、
故障したパーツを機材の内部の分解で交換して修理する方法、
破損したオペレーティングシステムなどを修復する手順などについて、解説しています。

また、マウスやキーボード、プリンターなどの周辺機器(外部デバイス)で
よく起こりうる不調を解消するための手法や、
アクシデントが起こりにくく安全に使用できるための取り扱い方なども紹介しています。




各ページリストの一覧

各分類別:コンテンツページへの目次ページの一覧です。

PC機材の故障の原因とアクシデントの解決方法一覧

パソコンのメーカー製品やパーツ、周辺機器などの機材で起こる不具合や故障の原因と修理方法をまとめたページです。
Windowsで発生する問題を直す手順の一覧

Microsoftのオペレーティングシステム「Windowsファミリー」で起きた破損や起動障害を直す手順の一覧リストです。
トラブルシューティングの手法の参照リスト

OSやハードウェア上で起こりうる様々な不調に対するトラブルシューティングの対処法を記載した目次ページです。
アプリケーションエラーの解消方法一覧

コンピューターで使用するソフトウェアの起動中に起こるエラーやフリーズなどの不調を解決する対応策の参照欄です。
コンピューター製品を安全に保護する使い方

電子機器の製品を長持ちさせるために清掃や整備して安全に使っていく技法について記載した項目のページです。
日本全国各地のパソコン修理サービス

日本全国の各都道府県の地域別にまとめた、パソコントラブルのサポート業者を紹介する一覧リストのページです。
『パソコンのそれぞれのパーツや周辺機器を修理する方法の総合的な解説ページの一覧』
パソコンが起動しないトラブルの原因と修理の方法は?
Windows10のパソコンの故障を修理するには?
MacBookの故障を修理するには?
PC本体のメモリの増設や交換をする時の手順と注意点は?
モニタ画面が急に消えて何も映らなくなった時に回復するには?
電源ユニットを交換して修理するには?
LANボード(ネットワークカード)が故障した時に修理するには?
多機能型プリンターで故障が発生した時に修理するには?
CPUの温度上昇による発熱を原因とする機能障害の修復方法は?
NASの故障を修理するには?
TeraStationの故障を修理するには?
LinkStationの故障を修理するには?
LANDISKのHDDを交換して修理するには?
外付けハードディスクのケースの故障は修理できる?
ノートパソコンのハードディスクを交換して修理するには?

主なQ&A

コンピューター上のトラブルに関する質問・回答の一例です。
更に詳しくは、当サイト内の各個別ページをご参照ください。

パソコンが故障する原因を判別するには?

まず、Windowsの起動中に動作の遅延が出た時は、
「Ctrlキー+Altキー+Deleteキー」でタスクマネージャーを開くと
どのアプリケーションにどのくらいメモリやCPU、ディスクの容量を使用しているか確認できます。

パーセンテージを占めているアプリケーションがある時は、そちらを一旦閉じてみてください。

ハードディスクの空き領域が圧迫されていたら、不要なファイルやユーティリティーを削除したり、
ディスククリーンアップやディスクデフラグ、レジストリクリーナーなどで定期的に整理を行います。

※スペックが低めの古いパーツやシステムが使われているコンピューターは
より問題が改善された近年の製品より故障率(failure rate)が高い傾向があります。

ブルースクリーン画面が表示された時は、「エラーコード」(STOPコード)の番号で
どのような問題が発生しているかを判別することができます。

コンピューターが立ち上がらないような故障が起きた時には、
電源を入れた時に「ビープ音」(エラー発生の警告音)が鳴って、
どのようなタイミングで音が鳴るかによって症状を把握することができます。

また、電子機器の本体のどこかにある「アクセスランプ」がどのように点灯・点滅しているかによって、
取扱説明書などを参考に、エラーや破損の状態をチェックしていくこともできます。

液晶モニターなど外部の接続機器やリムーバブルディスクが反応しない時は
例えばウィンドウズの場合はコントロールパネルにある「デバイスマネージャー」を開いて、
その周辺機器の名称が表示されていて、エラーマークが付いていないかどうかを確認します。

また、別のパソコンを一台以上お持ちでしたら、
試しにそちらの方に接続して、正常に機能しているかどうか確かめてみる手法も有効です。

オペレーティングシステムに障害が出たらどうすれば元に戻せる?

まず、アプリケーションが面での操作がフリーズしたら、
一度右上の「×マーク」などでウィンドウを閉じて、その後もう一度開き直します。

オペレーティングシステムそのものがハングアップして完全に入力が効かなくなった時は、
大抵のトラブルであればOSを一度閉じて再起動(リスタート)させるとそのまま開けるか、
「Windowsを通常起動する」といった選択項目を入力して、元の状態に戻ります。

電源をリセットして再び起動してもまだ直らない場合は「セーフモード」や「システムの復元」、
「スタートアップ修復」といった機能で回復が出来るかどうか試してみてください。

それでもWindowsが立ち上がらない時は、ハードディスクの内容がバックアップしてある
『リカバリーディスク』(recovery Disk/イメージディスク)を事前に作成していれば、
そちらをDVDドライブのトレイに挿入して、回復プログラムを立ち上げます。

または本体のパッケージに同梱されている起動ディスクを
CD/DVDドライブに挿入してリカバリーの作業を試みてください。

※メーカー製品の場合はカスタマイズされた専用のリカバリーディスクを取り寄せて
そちらを使うことになるケースもあります。

壊れたパーツを交換して修理するには?

パソコンのパーツはどこかひとつが故障してしまうと、仕組みの全体が機能しなくなって動かなくなることが多いです。

ですが、破損した部品をケースの中から取り外して、
新しく正常に動くものに交換することでまた使えるようになります。

デスクトップパソコンの場合は主にハードディスクドライブをはじめ、
メモリ、CPU、ファン、マザーボード、インターフェースカード、電源ユニット
といった部品が破損することが多く、これらは多くの場合一般個人でも交換できます。

基本的にはまず、PCケースのコネクタからすべてのケーブルを外して、
プラスドライバーで固定螺子を外して蓋を取り外します。

そして該当するパーツの位置を探して、固定螺子やシール、止め具を外して、
マザーボードなどのコネクタや内線のケーブルから外して丁寧に取り出します。

デスクトップ機のハードディスクやSSD、メモリなどの製品は
コネクタ(差し込み口)や配線も少ないのである程度簡単に取り替えができます。

※2.5インチサイズのハードディスクやSSDなど、ドライブベイとサイズが合わない製品を代わりに
取り付ける場合は「HDD変換マウンター」といった別の部品を購入する必要が出ることもあります。

新しい部品を買い直す前に、先に一度パソコンのケースを開いて、
どのような構造になっているか、念のため目視で確認をされてみてください。

注意として、メーカー製のパソコン本体の場合、一回でも内部をこじ開けたり
パーツを取り外したりすると、長期保障のサポートの対象外になって
以降は有償での修理サービスしか受けられなくなる場合があるのでご了解ください。

ノートブック型コンピューター(notebook size personal computer)の場合は、製品によって
パーツの換装がある程度簡単なものとやや難しい構造になっているものがあります。

例えば小型や薄型の形状をしたノートパソコンだとプラスドライバーで螺子を回せず、
トルクスドライバーやペンタローブドライバーなどで外す特殊な固定螺子が
カバーやパーツの止め具に使われている場合もあります。(AppleのMacBook Airなど。)

ですが、初心者の方でご自身ではパーツの分解が難しそうな時や、どこのシステムや部品が壊れているか
よくわからない、という際にはあまり無理をされずに、専門のパソコン修理サービス業者に注文して
即日の検査や出張訪問など便利なサービスを受けて、直してもらわれることもおすすめします。