焼損したハードウェアからデータファイルは抜き出せる?

すべてのコンピューターの機器やエレクトロニクス製品は、
電源コンセントやバッテリーなどから電気を使って動かすため、
稀に過電流といったショックによる焼き焦げ(ショート)が起こる場合もあります。

焼損(しょうそん)とは焼けて壊れてしまうことを差して、
高価な機械が損傷して大きな被害を被ることを焼損事故とも言います。

データ記憶装置やコンピューターの破損の原因

まず例えば、落雷や火災、水害といった災害で高熱や電圧の負荷がかかることが原因で、
コンピューターが物理的に焼き焦げを起こしてしまう場合があります。

パソコンの場合は、例えばCPU(シーピーユー・中央演算処理装置)などの部品が、
起動中に自ら発する高熱に耐え切れずにシリコンの燃焼や発火を起こして、
場合によってはCPUファンや基板など、周囲のパーツもろとも焦がしてしまう損傷などがあります。

もし、HDDやSSDといったデータ記憶装置が無事であれば、破損しているパソコンなどのマシンから、
そのストレージのみを取り出して別のPCなどで開いてみるか、
プロのデータ救出のサービスで、内部のファイルをサルベージしてもらうことができます。




パーツの焼損が起きてハードウェアが故障した時は?

次に、これらのトラブルは熱伝導シールやグリス、クーラー(ファン)といった、
廃熱のための部品や消耗品がしっかりと取り付けられていない場合や、
老朽化でその役割が十分に果たされていない場合などに、起こりえます。

そして、一度焼損が起きてしまいそのハードウェアが故障してしまったら、
そのまま使い続けようとすると更に焼き焦げが悪化したり、機械の爆発や火災発生のおそれもありますので、
決して何らかの措置や修理交換をせずに起動させようとしてはいけません。

パソコン修理サービスの業者にて、マシンを見てもらう

次に、中身を開いてみて、一見すると色が黒ずんで焦げ臭くなっている部品のみが壊れているように見えても、
他の接続しているパーツにも影響が及んでいる可能性も高いです。

そのため、なるべく一度は専門の修理サービス業者にマシンの状態を見てもらわれることを推奨します。

特にパソコン以外の製品は、ご自身で修復するのは一般的には難しいため、
焼損が起きた場合はメーカー先のカスタマーサポートや、
パソコン修理サービスの業者に出して、状態を見てもらうのが得策です。

パソコンやサーバの内部のパーツが破損した時は?

次に、電子機器が壊れた場合、場合によっては新品の買い替えも検討してみる必要もあるでしょう。

しかし問題は、パソコンやサーバといった、中身にデータ記憶装置が入っている、
電子計算機や、CD/DVD/BDディスクやUSBフラッシュメモリ
といった外部のデータ記憶装置が破損してしまった場合です。

落雷による破損を防ぐには、たとえば、オウルテック(Owltech)製の、
無停電電源装置(UPS)を電源コンセントとの間に中継することで、電圧の負荷を防ぐこともできます。

ノートPCが壊れた時は?

もし、マザーボードやCPU、電源ユニットなど別のパーツのみが焼損していた場合は、
PCケースからハードディスクを抜き出して、別のパソコンか外付けHDDケースで読み込めれば、問題はありません。

また、BD-REやDVD-RW、CD-RWも、ドライブ装置のみが壊れていても、中に入っていたディスクが、
熱で溶けたりしていなければ、装置から抜き出すことでまた使い直せる見込みがあります。

小型のノートパソコンが壊れた時は、ストレージを取り出すのが難しいことがあるため、
その際には、プロのデータリカバリーのサービスにて、見てもらわれることを推奨します。




ストレージが損傷した時は?

ですが火事や重度の電源ショート事故でハードウェアの損傷がひどく、記録装置の部分まで
焼き焦げや融解が起きていたら、書き込みしていたファイルやシステムの再読み込みは難しくなってしまいます。

補助記憶装置が運良く無傷でない限りは、自分自身で内部データを拾い出すのは残念ながら不可能に近いでしょう。

かといって、USBメモリなどのストレージを自身で分解すると、煤や埃が大事な箇所に付着して、
余計に壊してしまうおそれがあるため、決して安易に部品をバラしたりはしないようにしてください。

専門業者のデータ復旧サービスで取り出ししてもらう

そんな時には、専門業者のデータ復旧サービスセンターにて
焼損した機材から、中身のデータファイルを抜き出す作業を行ってもらいます。

機械全体の破損がひどくても、ファイルの記憶部分(HDDのセクタなど)が無事であれば、
そこから読み取って別のリムーバブルディスクなどに移し変えて復元してもらうサービスも行われています。

いざという時には一度、HDDやRAID、メモリーカード、NAS、サーバといった電子機器を見てもらうために、
お問い合わせをされてみることもお薦めします。