パソコン本体を使わず放置していて故障した時のデータ復旧

パソコンの本体を数ヶ月~数年ほど何も動かさずに長期間で放置していて、久しぶりに起動させてみたら、
ロゴ画面が出てこなかったり、OSのデスクトップが表示されない、といった起動の障害が起きることがあります。

意外と知られていないことなのですが、経験をされた方は結構多いことでしょう。

前回に最後にパソコンを使った時はちゃんと動いていて、それから特に何もしていなかったのに、
なぜ起動しなくなったのか?また、どうすれば修理やデータ復旧をすることができる?という疑問について。

1~2年以上使わないと湿気が充満して破損の原因となる?

この原因について考えられますのは、まずPC本体の保存の状態が影響していた可能性が高いです。

パソコン本体には、ケースファンや電源ファンの通気口、またケーブルの差込口の隙間など、
空気が出入りする穴が割と数多くあります。

ここから空気中に浮遊している埃や小さなごみ、
または虫やカビ、花粉、そして湿気が入り込み、徐々に内部に充満していきます。

パソコンを長い間使わないと壊れることが多いのは、徐々に湿気や埃などが充満するためでもあります。

しばらく使わなくなって、パソコンにカバーをかけずに2年以上など長期間放置をしていると、
外部から少しずつ侵入していく異物が充満して、内部パーツの稼動に支障が出る可能性があります。

そのため、精密機器の保管をする場所はしっかりと選ぶ必要があります。

もし、この時点で電源が全く起動しない時は、電源回路自体が破損している可能性があります。

自身でパーツを換装して直すのが難しそうな時には、プロのパソコン修理サービスに問い合わせて、
コンピューターの修復をしてもらわれることをおすすめします。




パソコンを段ボールに入れて安全に保管する方法とは?

次に、パソコンを購入した時に搬送をするために付いているダンボール箱は、
内部の発泡スチロールなどをはめ込み直してPC本体を収納して、どこかにしまっておくと、
衝撃も緩和できますので、長期間の保存にも適しています。

また、隙間から湿気や異物が入り込むのを防ぐために、ビニールのカバーも必ずかけておきましょう。

押し入れの中に、湿気取りや虫よけのアイテムを入れておくと、さらに安全です。

PCの電源またはOSが起動しない時のデータの復旧

しかし、パソコンを置く場所が機械に弱い環境の状態であると、長期間の放置でマシンが傷む場合もあります。

部屋の中で日光が当たりやすく、気温も暑くなりやすい場所や、エアコン、ストーブ、ヒーター、
冷蔵庫の側など高温・低温になりやすい位置、また湿度の高い所や強力な電磁波を浴びやすい所などに置くと、
収納箱やカバーの中に閉まっていても確実に影響を受けて、起動しない状態になってしまうおそれがあります。

また、普段使用されている方のパソコンやモバイルコンピューター、ルーターといった機器も、
上記のような機械に弱い場所に配置されるのは、特に避けましょう。

もし、PC本体やHDDケースが破損してしまっても、まだ内部のストレージは無事である可能性があります。

中身のハードディスクやSSDが取り出しにくい、という時には、
プロのデータサルベージのサービスに出して、大事なファイルの復旧をしてもらうことができます。




パソコンを何年も使っていないと自然に故障することもある?

ですが、保管が万全であっても、何年も使っていないと ゆっくりとしたペースで部品が老朽化したり、
内部にやはり少しずつ湿気が充満して、いつかは故障してしまうこともあります。

なので、時々は電源を入れて動かしておかれると良いでしょう。

ちなみに、一度電源を入れただけでは起動が上手くいかなくても、
しばらく電源コンセントを差し込んだまま待ってみて、
再度起動してみると、正常にパソコンが開ける場合もあります。

また例として、パソコンショップQUICK 様での、
パソコンが起動しないとき、誰でもすぐに試せる簡単な5つの対処法の解説も参考までに。

もし、何度電源を起動させようと試みても開かない場合は、
更なる負荷をかけてそれ以上 状態を悪化させないように、無理な起動はひとまず控えましょう。

また、パソコンを修理に送る前の準備とサポート状況の確認については、こちらのページにて。

また、コンピューターの内部に静電気が溜まっている場合は、LANポートなどが繋がらないことがあります。

その際には、電源コードを抜いた状態で電源ボタンを何度か空押しすると、静電気が抜けて修復ができます。

長期間放置したパソコンが壊れた時に直すには?

もし、長期間放置したパソコンや周辺機器が壊れている時は、
まず、電源自体がまだ付くようでしたら、アクセスランプの点灯・点滅の仕方や、
ビープ音の鳴り方などによって、故障の原因と壊れている箇所を判別されてみてください。 

小型のノートパソコンなど、複雑な機材が破損してパーツの交換が自身では難しそうな時は、
上記と同じく、調子の悪くなったパソコン本体を一度、専門のPC修理サポートサービスに出して、
マシンの点検や部品の換装、内部のクリーニングといった作業を行ってもらわれることをお薦めします。

また、ハードディスクやSSD、外部のメモリーカードといったストレージが、
アクセスエラーや回路の故障で読み取りできなくなった際には、
専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、ファイルの救出をしてもらわれることをお薦めします。