パソコンの操作で動きが鈍くなる問題を解決するには?

パソコンで容量の重いアプリケーションソフトをインストール・セットアップして起動して操作している際に、
マウスやキーボード、タブレットなどでの入力や、画面の映像などの動きが鈍くなって遅くなる状態が
多くなってきた場合には、どのように処置を行えば問題を解決できる?という疑問について。

ビデオカードを搭載する

まず、拡張ボードの内部パーツ「ビデオカード」(Video card、グラフィックカード)が
お使いのパソコンに搭載されているかどうかをご確認ください。

画像・映像を取り扱うユーティリティーの場合にはスムーズに閲覧するために、
3D表示やマルチディスプレイの活用などでグラフィックカードの内蔵が重要になります。

もしビデオカードがパソコンに搭載されていない時には、新しく購入してマザーボードに
増設する必要が出てきます。

必要な動作環境を満たす

次に、CPUやメモリ、マザーボード、ハードディスクまたはSSDの空き容量、OSのバージョンなどが、
そのアプリケーションソフトの動作環境に満たされているかどうかを、取扱説明書やパッケージの表記を見てご確認ください。

動作環境の基準に満たないパーツのがあった場合は、高いスペックの部品に交換したり、
メモリを増設して調節する必要も出てきます。

部品の換装作業は、専門業者のPC修理サポート店で代行してもらうこともできます。

使用する領域の調節機能

スペックがギリギリくらいである場合や、充分に余裕がないために操作の動きが鈍くなる場合には、ユーティリティーによっては、
CPUの使用の割合を調節できる機能や、特定のエフェクトをオン・オフに切り換えできる機能があります。

Windowsのパソコンでは、「Ctrlキー+_Altキー+Delキー」でタスクマネージャーの画面を開いて、
「プロセス」や「パフォーマンス」のタブから、どのプログラムがどれくらいCPUやメモリ、ディスクの
ソフトウェアの設定変更の場面を開いて、負荷がかかり過ぎて動きが鈍くならないように調節します。

パソコンの排熱の状態を見直す

また、長時間連続で使用量の大きいアプリケーションソフトを使用している場合には、
時々ウィンドウを閉じて、再度起動するようにしてみると、負担も下がります。

特に、パソコンのCPUクーラーや電源ユニットのプロペラなどの回転音が普段より大きくなって
熱も帯びる場合には、一定時間ごとに機器を休ませて、また、排気口やプロペラに付いたゴミや埃を
除去して通気性をよくしたり、ルーム内が暑い時には換気したりをエアコンを付けて冷やします。

大容量のアプリケーションを何度もインストールしたりアンインストールしたりを繰り返した後は、
パソコンの「レジストリ」が肥大化してマウスカーソルやキーボードの動作が鈍くなることがあり、
その際には、ディスククリーンアップやレジストリクリーナーを使って整理を行います。

PC修理店でパーツを交換してもらう

もしコンピューターの熱が溜まりすぎてCPUが熱暴走をして壊れてしまったり、
メモリやマザーボードが破損した時には、それ以上の電源の起動は控えて、パーツの交換を行う必要があります。

パーツの配置が複雑で、また蓋を開きにくいパソコン本体をお使いの場合には、
プロのパソコン修理サービスセンターに問い合わせて、換装作業を依頼されてみることもおすすめします。