パーソナルコンピューターの故障発生の多さは使い方次第?

パソコン・PCの略語でおなじみの電子機器:パーソナルコンピューター
【Personal Computer】は、機械としての寿命は、壊れた部品の交換を抜きにすると、
平均的に約数年ほどとされています。

なぜかといいますと、主にパーソナルコンピューターのパーツの中でも
特にハードディスクドライブの負荷がかかりやすく、使い方次第では
モーター部分のヘッドクラッシュが発生して修復不可能になりやすいのが大きな理由です。

マザーボード

また、CPUやメモリ、マザーボード、電源ユニット、GPU、ドライブ装置などの
パソコン内部の他のパーツも次第に老朽化したり、購入してから数年後に
最新のオペレーティングシステムやソフトウェアの性能が追いつかなくなったりもします。

パーソナルコンピューターは、使えば他の機械と同じく、使えば使うほどその分、老朽化や
空き容量の減少が進んでいきますので、やはり毎日数時間稼動させていると少しずつ動作に
支障が出てくるなどの小さなエラーやトラブルから損傷も始まっていきます。

しかし定期的にディスククリーンアップやディスクデフラグ、レジストリの快適化、
プログラムの追加と削除やゴミ箱の削除を行って軽くして使い方を工夫していくことで、
余分なメモリの使用量やCPUの負担などを抑えて、少しでも長く使うことが出来ます。

パソコンは場合によっては購入後1~3年くらいで早くも故障が出始めることもあれば
10年以上長持ちさせて使うことも出来ます。

また、パソコン修理サポート店にて点検や最適化の措置を施してもらうこともできます。





パソコンを傷めないように使うには、熱が充満しないように置き場所は壁とスペースを空ける、
メモリやCPUの使用量を大幅に使うソフトウェアを長時間連続で稼働させずに時々休める、
周囲に電磁波や高熱、低温、湿気などが出る機械を置かないようにする、
など、周囲の環境やソフトウェアの使い方に気を配ることである程度は故障を防げます。

最近のPC本体に比べて、これまで使っていたマシンの処理速度が遅くなってきた、
と感じてきたら、メモリやCPU、グラフィックカードなどの部品を交換・増設することで、
スピードを早くすることも可能です。

その他のケーブルや周辺機器といった部分が壊れた場合も、
やはり新品に交換してもらって直すことができます。

PCケースの冷却ファン

しかし、データ補助記憶装置であるハードディスクドライブはいつかは壊れてしまい、
一度物理的に破損してしまうと修理は非常に困難であるため、
内部データも復旧サービスで分解してもらうことでしか回収する必要の出るケースも多いです。

そのため、パーソナルコンピューター内部に記録している重要なファイルの
バックアップやシステムの整理は定期的に必ず行うようにすることも大切です。

個人で直せそうにない問題が発生したら、無理に分解などをするとかえって状態が悪化するので、
プロのパソコン修理サポート店やデータ復旧サービスにて、診てもらわれることをおすすめします。



『「故障の診断・検査」のカテゴリーの前後のページ』

«

»