ポータブルハードディスクを紛失した時は?

お手軽に持ち歩きができる外付けハードディスク、その中でも2.5インチサイズのHDDが
小型のコンパクトなカートリッジに導入されているデータ補助記憶装置
「ポータブルハードディスク」(portable hard disk drive)は持ち運びに便利な製品です。

しかしある時、うっかりどこかでポータブルハードディスクが家の中で見つからない、
あるいは外出中で置き忘れた、落とした、などの可能性で紛失してしまったら、どのように探せばいい?という疑問について。

ポータブルHDDを無くしてしまった時の主な原因とは?

まず、無くしてしまった時のよくある原因としまして、デスクの横と壁の隙間に落ちていたり、
書類や書籍の間に挟まっている、キーボードの真下やモニターの裏側にずれていた、などがあります。

また、大きな服の袖のポケットに一時的に入れていたら、そのまま忘れて服と一緒に
洗濯機に入れて洗ってしまった、ということがないようにご注意ください。

PC本体を置いている机やパソコンラックの位置とゴミ箱が隣同士の配置の時は、
ポータブルHDDなどの小型の機器や小物が横にずれて気づかずに落ちて捨ててしまうケースも
ありうるので、ゴミ箱の位置を変えるか、横に落ちないように工夫されることをおすすめします。

小型のハードディスクをよく置き忘れやすい場所は?

次に、外出中にどこかで無くしてしまった場合は、ポータブルHDDは携帯電話やスマートフォン、
小型のデジタルカメラやデジタルビデオカメラのように外で頻繁に使うような電子機器ではなく、
主に鞄の中に入れて持ち運ぶことが多いので、
パソコンルームなどでの使用後にどこかで置き忘れていた、という場合が多くなることでしょう。

ひとまず、鞄の奥底の見えにくい位置や袋の中などを一通り探してみます。

また無意識にポケットに入れて持ち運んでいなかったかどうか、ズボンやコートのポケットの中も見ておきます。

外出先の建物の中で紛失をしている可能性

外部の店内やオフィスなどでパソコンやUSB接続ができる電子機器にポータブルハードディスクを
接続して使用していたら、そちらに戻ってデスクの上を見てみたり、店員や係の人に尋ねてみます。

また、宿泊先のホテルや旅館のルーム内、あるいはパソコンコーナーで使ってそのまま置き忘れて
チェックアウトしていたり、空港や駅構内、電車やバス内でノートパソコンと一緒に使用していて、
移動する時に鞄にしまい忘れていたりしていなかったかどうかなど、
紛失するまでに取っていた行動を思い出して、順に道を辿ったり電話で問い合わせてみてください。

忘れ物の保管サービスに問い合わせをしてみる

忘れ物お預かりのサービスは、その場所で預かってもらえる期間があり、それを過ぎると
別の保管センターに移行するか、処分の対象になることもあるので、紛失した所持品が
届いているかどうか、早めに連絡を行われることを推奨します。

また持ち歩きの際には普段から、なるべく手元から離さないようにするのが安全です。

ポータブルハードディスクをポケットに入れて移動していて落としたり、移動中に鞄が破れていて
中身の箱や袋ごと落としてした、という場合は、やはり同様に、歩いていた道を早めに辿って探します。

それでも見つからないようでしたら、店舗のカウンターや交番に行って、落し物が届いていないか、訊かれてみてください。

見つかったポータブルHDDが故障していた時は?

ポータブルHDDも精密機器なので、ある程度はケースが頑丈なものの、無事に見つかった際に
USB接続したら正常にパソコンで認識されず、落とした際に衝撃で内部の回路が破損していたり、
あるいは水に濡れて壊れてしまった、という可能性が高いです。

ですがまだカートリッジの中のハードディスク本体は無事であることも多く、
自身で取り出しができる構造の製品であればハードディスクを収納されたケースから取り出して、
別の外付けHDDケースに差し替えるか、一時的にパソコンの空いたドライブベイに差し込みして
中身のデータを読み込み直せる可能性があります。

一般個人で取り出せないようになっているケースだったり、中身のハードディスク自体も
故障していた、という場合には、プロのデータ復旧サービスセンターに壊れたポータブルHDDを
出して、内部のデータを救出してもらわれることをおすすめします。