ポータブルHDDのランプが付かず接続できない時にデータを救出

2.5インチ型のSATAハードディスクが組み込まれている小型の外部ドライブケース
「ポータブルHDD」(portable hard disk)を普段お使いの際に、ある時、

通電のサインであるボタンなどの位置にあるランプが光らなくなって
接続音も鳴らず、内部の保存データが開けなくなってファイルやフォルダーに接続できない時は、
どうすれば再読み込み、またはファイルの救出ができる?という疑問について。

ポータブルHDD

[ポータブル・ハードディスクの製品の一覧]

・BUFFALO:ミニステーション USB3.1 Gen1/USB3.0用ポータブルHDD 2TB HD-PCFS2.0U3-BBA
・Transcend:USB3.1 2.5インチ スリムポータブルHDD 耐衝撃 M3シリーズ 1TB TS1TSJ25M3S
・I-O DATA:ポータブルハードディスク 1TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W1
・東芝:USB3.0接続 ポータブルハードディスク 1.0TBCANVIO BASICS HD-AC10TK
・WD:HDD ポータブルハードディスク 2TB WD Elements Portable WDBU6Y0020BBK-WESN USB3.0
・MARSHAL:miniSHELTER ポータブル 2.5インチ 外付け HDD 1TB
・Seagate:ポータブルハードディスク Expansion Portable Hard Drive 2TB
・シリコンパワー:2.5インチポータブルHDD 1TB USB3.0/2.0対応 Armor A30 SP010TBPHDA30S3K

再接続を試してみる

まず、多くの場合は、パソコンなどのコンピューターに配置されていますUSBポートで
読み込みの一時的な失敗が、外部でバスの接続時にはよく起こります。

ボタンを押して、特に反応がなく接続できないようでしたら、
一度、別のUSBポートに、ポータブルHDDのUSBケーブルを差し替えてみてください。

または、試しに別のパソコン本体などに接続してみると、開けることもあります。

また、ポータブル・ハードディスクのケースに差し込まれているUSBケーブルのコネクタが
本体から外れかかっていたら、差し込み直します。

もしコードが物に挟まれて圧迫されていたり、大きく折れ曲がっていたり、切れかかっていると、
正常につながらなくなり、コードの交換が必要になることもあります。

Windowsパソコンの場合に外部記憶装置が正常に認識されていない時は、
コントロールパネルのデバイスマネージャーを開いて、
ポータブルデバイスの項目で、お使いのポータブルHDDの名称にエラーマークが出ていたら、
右クリック→デバイスのアンインストール→パソコンを再起動して再度、接続します。

かなり古い延長コードやUSBハブを経由してパソコンに繋げている場合は一度取り外して、
直接USBコネクタをつないでみると、今度は正常につながってデータを救出できることもあります。

一連の点検と作業は、パソコンサポート店やデータリカバリーサービスで
ひと通り、より安全かつ確実な手順で行ってもらうこともできます。





また、ポータブルHDDを長時間持ち運んでいる最中に、強い振動や圧迫により、
ケースにあるランプのパーツが外れかかって通電しなくなった、という可能性もあります。

ランプが壊れただけで、デバイスと内部データの読み込み自体は正常にできていることも
ありますので、フォルダー画面を念のため開いてご確認ください。

ポータブルHDDは、それほど複雑なパーツの構成ではないため、
ケースを自身で取り外して組み立て直すこともできます。

コントローラ等の精密なパーツに傷をつけないように慎重にゴムのカバーとプラスチックのケースを
取り外して、またどのように各部品が取り付けられているかをメモしていきます。

HDDケースの分解

もしパーツが破損していた、またはうっかりケースを分解している最中に更に壊してしまった、
という場合は、まだ中身のハードディスク本体自体は無事である可能性は高いです。

別売の2.5インチサイズの外付けHDDケースやUSB変換ユニットに差し込みして、
外部からのリムーバブルディスクとして接続します。

または別売のHDD変換マウンターに取りつけてデスクトップの空いているドライブベイにセットして、
予備のSATAケーブルと電源ユニットの空いている中間ケーブルをインターフェースに接続します。

これらの手順で、中身の保存データを読み込んで救出することもできます。

もし、内部のハードディスク自体から異音などが出て物理的に故障していると思われる場合は、
それ以上読み込みをするとかえって破損が進行してしまう危険があるためそれ以上の稼働は控えて、
専門のデータ復旧サービスに出して診てもらわれることをおすすめします。



『「外付けHDD」のカテゴリーの前後のページ』

«

»