ネットワーク上で削除したファイルは復元可能?

インターネットを通したウェブ上のポータルサイトやSNS、クラウドといった
データファイルをアップロードや保存することができるサービスを使用している際に、
誤って必要なファイルを削除した場合、復元させることは可能?という疑問について。

ネットワーク上のデータは回収できる?

まず、ネットワーク上のサービスの、Eメール、ホームページ、ウェブログ、SNS、Wiki(ウィキ)、
クラウドストレージ、BBS、ファイルサーバといったサイバースペース内で運用している、
HTML(ハイパーテキスト)のウェブページや、ファイルマネージャー(ディレクトリ)に保存された拡張子を
うっかり削除した時には、ゴミ箱やバックアップの機能があったかどうかを、確認されてみてください。

パソコン上にある個人ファイルと違い、ネットワーク上のサービスや拡張子、プログラムは、
お手持ちのパソコンのハードディスクドライブといった場所になく、
自身でファイルの保存元のサーバーといった機器を管理していないため、
通常では主に一部の標準で備わった機能を使って、失ったデータを回収していくことになります。

ゴミ箱のフォルダーからサルベージするには?

たとえば、GoogleのGメールといった電子メールや、クラウド、ファイルマネージャーといったサービスに
「ゴミ箱」(Trashbox)のフォルダーが設置されていましたら、そちらのディレクトリを開きます。

消去したファイルが移動されていましたら、元のフォルダーに戻すことで復元が可能です。

ごみ箱に入ったファイルは一定の期間を過ぎると自動的に削除される、
といった仕様もありますので、早めに復帰させておかれることをおすすめします。

パソコンと同期していて、Cドライブにも保存されていたファイルを削除していた、という場合には、
そのHDDを専門のデータリカバリーサービスに出して、スキャンをして復元してもらうこともできます。

エクスポートの機能でデータをバックアップ

また、ファイルをまとめてパソコン上に圧縮ファイルなどにして保存する
エクスポート機能」(Export)が備わっているサービスでしたら、そちらを事前に使用します。

マークシート型の文字や数字の羅列データなどの場合には、よくエクスポート機能が付いています。

こちらで一括で保存してから、後でファイルが壊れたり誤って削除したら、
インポート(Import)の機能を使い、アップロードして復元させます。

ほかにも、レンタルサーバによっては、一日ごとにウェブサイトの状態のデータが、
差分更新で一週間分ほど自動的にバックアップされていて、そちらから復元できるサービスも用意されています。

また手動でも、データのバックアップを行って、ウェブ上のシステムの復元ポイントを作成できる場合もあります。

また、モバイル端末の場合は、クラウドストレージのサービスに登録していて、
自動的に特定のフォルダーに保存されているデータを定期的にアップロードしてバックアップしていれば、
インターネット上の格納庫から消えてしまったデータをそちらから引き出して、復元することもできます。

サーバのファイルを削除した時は復旧できる?

しかし、ご自身で所有されていないサーバーといったネットワーク上のデータベースで
ファイルを削除した場合、多くの場合ではそのまま削除されて開けなくなります。

アカウントを誤って消去した場合は一定期間以内であれば、復活できる場合もあります。

どうしても必要なデータがあった場合は、運営元のポータルサービスに問い合わせてみて
何か復旧させる方法があるか、もしくは特別に修復していただけるかどうか
訊かれてみるのも一つの方法ですが、それでもやはり可能でないケースが多いです。

ですが、自宅・自社で運用されているパソコンや、TeraStation、LinkStation、LANDISKといった
NAS(ネットワークアタッチストレージ)からデータを削除した場合は、
専門業者のデータ復旧サービスセンターに、PCやNASの本体、またはHDDやSSDを提出して、
状態の診断と、消えたファイルの復元作業を行ってもらうこともできます。

より詳しくは、当ホームページの各個別のページをご参照ください。

例:ホームページのプログラムが破損してログインできない時の復旧の方法については、こちらのページにて。

インターネットでページのコンテンツを閲覧する手順

当ウェブサイト内ページの閲覧に関するヘルプの案内です。

データの復旧やファイルの復活に関するノウハウを閲覧する際での、各コーナーの閲覧の手順について解説しています。

ウェブページの閲覧にまだ慣れていない方は特に、ぜひ参考までにお役立てください。

当ホームページは、WordPress(ワードプレス)のサービスと機能によるページの構築で、形成をしています。

・各エントリーページには、下部ののカテゴリー欄より、チェックしたい項目名の一覧ページから入れます。

・各カテゴリページにで、記事の見出しが表示されます。

・「続きを読む」のリンクからエントリーページに入り、本文を閲覧することができます。

時々、サイト内のウェブページまたはコンテンツの配置を入れ替えて、改装することもあります。

INDEX(メイン)のページへ戻るには、ブラウザの左矢印ボタンを押す、または各ページの下にあります
『データ復旧ポート』のURL(Uniform Resource Locator/ユニフォーム・リソース・ロケーター=
「https:」などで始まるウェブページのアドレスの文字列)から入れます。

コンピューターやネットワークのサポートについて

また、一部の個別のページでは全国の各地のエリア内に所在地を置かれている、
データ復旧のサービスやパソコン修理、インターネットの問題解決などのサポートを実施された、
コンピューター上のトラブル解決の事業を営まれている企業も、リストに記載しています。

各都道府県にご在住の方、または通勤・通学の方に、失ったデータファイルの復元やPCの修理、
ネットワーク関連のアクシデントのサポートをお探しの際に、ぜひご活用ください。

最新のページは、トップページにあります「新着エントリー」の項目にてチェックできます。

データの修復やコンピューターのトラブル解決などについての、新しいコンテンツやサービスの紹介も、随時更新しています。