ポータブルHDDをフォーマットで消したデータは復元できる?

データの保存・持ち運び用などで使用している外付けHDDの「ポータブル・ハードディスク」を、
使用中に間違えてクイックフォーマットなどを掛けて初期化してしまった場合、
保存していたデータは消した後から復元できる?という疑問について。

主なポータブルHDDの製品の一覧

・Transcend(トランセンドジャパン):USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD TS1TSJ25M3
・I-O DATA(アイオーデータ):ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 EC-PHU3W1
・WD(WESTERNDIGITAL):ポータブルHDD 2TB Elements Portable WDBU6Y0020BBK-EESN
・BUFFALO(バッファロー):2.5インチ 外付けHDD 1.0TB ブラック HD-PCF1.0U3-BBD
・Seagate(シーゲート):ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 Backup Plus Slim 1K9AA2

前にバックアップしていたデータを探してみる

まず、フォーマットを掛ける前に、他のHDDやNAS、パソコン本体などのデータ記憶媒体、
あるいはクラウドサービスといった場所にバックアップを取っていれば、
そちらを確認して、コピーによってフォーマットで消したデータも元に戻すことができます。

しかしバックアップがどこにもないと、フォーマットは普通の削除と違い
ゴミ箱にデータが移行されずにそのまま消去されてしまいます。

ですが、そのままデータを完全に消したというわけではなく、エクスプローラーなどでの
表示上はファイルがなくなっていますが、データの痕跡は残留している可能性が高いです。

初期化をした後でその上にさらに新しくファイルやアプリケーションを保存すると
以前のデータの拡張子の痕跡も次第に上書きされて消えていってしまいます。

そのためひとまず、新しくファイルをポータブルHDDに書き込まないようにご注意ください。

プロのデータリカバリーサービスであれば、より高い割合と精度で消えたファイルを回復してもらうことができます。

データ復元ソフトを使用してファイルを修復するには?

ポータブルHDDに限らずフォーマットを掛けたデータ記憶媒体から消えたファイルは、
WindowsやMac OS Xの標準搭載機能では復元できるものがないため、
専用の「データ復元ソフト」を購入して使用をすることで復旧を試みます。

※こちらの一例では、AOSテクノロジーズの「ファイナルデータ9.0」を
 Microsoft Windows 10のパソコンで使用した場合の手順について解説いたします。
 
ファイナルデータをはじめ、多くの市販のデータ復元ソフトにはスキャンのみができる
お試し版がホームページ版や雑誌付録、店頭などでDVDディスクで配布されています。

これを使うことで、製品版の購入の前に、先に消えたファイルが検出できるかどうかを試すことができます。

フォーマットで消去したファイルを復元する手順

まず、フォーマットしたポータブルHDDをUSBコネクタに接続します。

ファイナルデータを起動します。

「ファイルの復元」→「フォーマットをした場合」と進み、対象のボリュームを選択して
「検索」ボタンを押すとスキャンが始まります。

ドライブスキャンが終わったら、一覧の項目のフォルダーにすべてチェックを入れるか、
.JPGや.GIFなど復元が必要な拡張子を選んでチェックを入れて「選択したファイル復元」を押します。

別のHDDやパソコン本体の空いた容量スペースに復元用のフォルダーを作成します。

そのフォルダーを選んで「OK」を押すと、そちらに保存されます。

最後に、内蔵ドライブや外付けHDD/SSD、RAID、NASなどのデータ保存先のフォルダーを開いて
正常にその復元ファイルが開ければ、画面を閉じて修復作業は完了です。

データのリカバリーサービスで復旧をしてもらう

しかし、個人で取り扱うアプリケーションソフトでは確実にすべての消えたファイルが修復できるとは限らず、
検出できないデータがある程度出てしまう可能性もあります。

また、拡張子が一部損壊して、データが読み込みできない状態で修復されることもあります。

より確実に、誤った初期化で消えてしまったファイルを復元したい時には、
専門のデータ復旧サービスセンターへ注文をして、ポータブルHDDを提出して診断を受けてもらわれることをおすすめします。