ポータブルSSDから削除したファイルを復旧するには?

外付けで使用する、フラッシュメモリが導入された、USBによる接続をして読み込むデータ記憶装置
「ポータブルSSD」(ソリッドステートドライブ/Solid State Drive)をお使いの際に、
保存されていたファイルを間違えて削除してしまった場合は、どうすれば復旧できる?という疑問について。

ゴミ箱フォルダーに移動したファイルを復旧

まず、WindowsやmacOSのパソコンでは、内蔵されているHDDやSSD(ローカルディスク(C:)や増設したドライブ装置)
だけでなく、USBコネクタから外付けで接続されているハードディスクやSSDからエクスプローラーやFinderからの
操作によって削除したデータファイルも、一度、「ゴミ箱」(trash box)のフォルダーの中へと移動します。

ゴミ箱アイコンを開いて、削除した対象のファイルやフォルダーが見つかりましたら、そちらを選択して
右クリックで「元に戻す」を実行すると、前に保管されていたディレクトリの位置に、データが復旧します。

ゴミ箱の機能は、前にそのパソコンのエクスプローラーやFinderの画面でポータブルSSDの保存データを
削除していることが、ゴミ箱フォルダーへの自動的な移行の、適用の条件になります。




バックアップしていた保管データの見直し

他の外付けHDDやRAID、NAS、USBメモリ、DVD-Rといったストレージや、クラウドサービスの方に
一部のデータを過去にバックアップしていた場合には、そちらのディレクトリに残っているかどうかを確認します。

ポータブルSSDの内部データが直接のバックアップの対象でなかった場合でも、ウィンドウズ8以降の
「ファイル履歴」といった機能を事前に設定して使用していましたら、
そちらの復元機能も、念のため見直しされてみてください。

消去したファイルをデータ復元ソフトで修復するには?

ゴミ箱に必要なファイルがなかった場合、またはゴミ箱の機能がないパソコン以外の機器を通して
データを削除していた場合は、表示の上では拡張子が消去された状態になっているのですが、
まだそのポータブルSSD自体には、HDDと同様に拡張子の痕跡データが消えずに残っている見込みがあります。

新しくポータブルSSDにファイルを上書きすると、表示されていない部分の記憶領域に残留している
拡張子が削除されてしまい、ファイルの復元が困難になるおそれがあるため、ひとまずは
それ以上のポータブルSSDへのデータの保存は控えられるよう、ご注意ください。

削除したデータをSSDのスキャンで復元するには?

削除したファイルの痕跡データは、個人での復旧を試みる場合には、市販のデータ復元ソフトを
使用して、フラッシュメモリを読み取って、消去された拡張子をスキャンする方法があります。

多くの市販のデータ復元ソフトウェアには、試用で使える体験版のディスクまたはファイルが配布されていて、
こちらのソフトを使って、先に対象のファイルが検出できてサルベージできるかどうかを確認することができます。

例として、AOSテクノロジーズの「ファイナルデータ」や「フォトリカバリー」の場合、
まず、体験版のディスクをDVDドライブに挿入して、「autorun.exe」をクリックして起動します。

試供版をパソコンにインストールするか、DVDブートで起動します。

「ファイルの復元」→「ゴミ箱から削除した場合」と進んで、
ボリュームの一覧からポータブルSSDの名称の項目を選択して、検索を押すとスキャンが始まります。

検出できたファイルを保存して復旧する手順とは?

スキャンが完了したら、検出できたファイルが、拡張子名ごとに一覧に表示されます。

その中から必要なデータを探して見つかりましたら、製品版を店頭またはオンラインで購入して、
コンピューターに保存する機能を使用できるようにして、ファイルを復旧していきます。

ですが、市販の製品を使って一般個人でできることにはやはり限度があり、
また拡張子が破損した状態で復元される場合もあります。

削除したファイルをできるだけ確実に修復するには、やはり対象のポータブルSSDを専門のデータ復旧センターに、
事前に問い合わせてから持ち込みまたは郵送で送付して、診断を受けられることをおすすめします。