PS Vita・PSPのセーブデータ破損を修復するには?

ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されています現在の携帯ゲーム機の一種である
PSP(プレイステーションポータブル)と、その後継機「PlayStation Vita/PS vita」(プレイステーション・ヴィータ)は、
ゲームのセーブデータを保存する際、本体のメモリやカートリッジでなく、PSPでの「メモリースティックPRO Duo」(プロ・デュオ)、
またはPS Vitaでの「PlayStation Vita メモリーカード」などを挿入して書き込みます。

ゲームのセーブデータはクリアまでの所要時間や、やりこみ度によって数十回、数百回と時間をかけて
行われてプレイされていく方も多く貴重なものなのですが、間違えて別のセーブと上書きしてしまったり
削除してしまうトラブルなども時々出る場合もあります。

しかしそれらゲームプレイ中の操作ミス的な障害とは別に、セーブファイルやダウンロードした
コンテンツが上書き時のエラー発生などの理由で破損してしまうトラブルも稀にあります。

セーブデータが壊れる主な原因

・上書き保存中にメモリースティックDuoを抜いてしまった。
・セーブ中に急に中断したり、バッテリーが切れた。
・PS Vita・PSPの起動中に本体に強い衝撃を与えたり、水を被せて壊してしまった。
・ネットワークからのダウンロードやアップデートに失敗した。
・保存している容量が一杯になっているところを上書きした。
・古いバージョンのPSPやPS Vita本体で、最新ゲームやPSP専用UMD、その他の機能を稼動させた際のバグ。
・ゲームシステムのプログラムエラーによる損傷。
・パソコンからコピーしたセーブデータに問題が出ている。
・Memory Stick自体が物理的に破損して読み込み不可になっている。
・一部のセーブデータだけがメモステやメモリーカードの内部で破損している。

このほか、通常の問題のない状態の時でも不可解な書き込みエラーが発生してファイルが破損してしまうことも稀に起こりえます。

携帯ゲーム機も技術やスペックの進歩と共にシステムが複雑化していくため、
普段の使い方や活用法によっては予期せぬアクシデントが起こる可能性もやはり0ではありません。




メモステの不具合の解決方法

メモステはカードリーダー/ライターなどの接続装置を通してパソコンのデバイスマネージャで認識して
読み込み出来るため、PCのアプリケーション機能でスキャンして内部の状態を診る方法も使えます。

しかしただの削除ミスと違い、PSPやPS Vitaのセーブデータやメモリーカードそのものが
破損した状態だと、これらを使って直したり読み取りをするのが難しくなっていきます。

例えばPS VitaまたはPSPで上書きセーブの失敗でファイル壊れた場合は、修復作業をした後でもちゃんと以前の状態から
再スタートできなかったり、ひとつ前の更新状態からやり直しをしなければならない可能性もあります。

完全な状態で修復できる確率は残念ながら少ない、と思われた方が良いでしょう。

PS Vita・PSP本体の不具合や変換アダプターの破損で読み取れていない場合は、友人、知人からPSP・PS Vita一式を
借りてそちらで読み込んでみると、どの機器が故障しているかが大まかにわかる見込みもあります。

製品本体の修理の注文

プレイステーション・ヴィ―タやプレイステーションポータブルの本体に問題がある時は、
ソニーへの部品交換や修理の依頼、または買い替えをして解決できるでしょう。

PS Vita・PSP単独でデータを復元する方法は見当たらず、メモリースティックをもう一個使いセーブデータを
2枚に保存するか、「コンテンツ管理」の機能などで別のソニー製品とつなげて
バックアップユーティリティーやリストアの機能を使って 予備のセーブファイルを保存している必要があります。

しかしメモリースティックが破損している場合は、専門のデータ復旧サービスに持っていって、
もしカードの損傷によるダメージで内部のセーブデータが開けない状況でしたら、分解作業による
抽出をしてもらい、代わりに用意したメモリーカードの方にコピー保存をしてもらいましょう。

また、ファイルの方が壊れている場合でもある程度の確率で修復してもらえます。