消去データを復元できる予備保管システム

PC内蔵ハードディスクのローカルディスクに作成したフォルダに保存した拡張子ファイルの
データを間違えて右クリックや誤操作で消去してしまうミスは誰でも時々してしまうトラブルです。

ですがそのまま無くなったファイルをあきらめてしまわれると再び同じものを作り直す
手間がかかったり、もしくは二度と作り直せない複雑なコンテンツも時にはあるでしょう。

セットアップしたアプリケーションソフトのプログラムももう一度入手するのに費用がかかる場合もあります。

しかし削除されたデータを復元する方法は、パソコン機能やアプリケーションソフト、
専門サービスなど沢山ありますのでまずは色々な手段による復旧の対処を行われてみましょう。

予備データからの復活方法一例

・ゴミ箱ツールのフォルダの中身からのコピーペースト。
・ソフトウェアでの上書き保存時に一緒に作られるBAKファイル。
・Officeソフトの「ドキュメントの回復」機能で自動生成されたファイル。
・フルバックアップソフトをセットしてコピーしている外部記憶メディア。
・Windowsの「システムの復元」を用いたPC設定の時間巻き戻し機能。
・Windows Vistaの「シャドウコピー」機能。
・Mac OS Xのタイムマシン機能による自動バックアップ。
・ツールを立ち上げ直した時に一定確率で表示される自動復元機能の起動。
・手動でMOやUSBメモリに予備のコピーをしていたフォルダからの引き出し。
・ハードディスクやメモリーカードに残ったデータの痕跡から専門復元ソフトや復旧サービスで修復。

この他にも、機材やOS、ソフトウェアプログラムによって
各種の搭載されているプログラム回復機能を使ってみましょう。




ファイルの自動バックアップ機能

例えばWindows8/8.1のオペレーティングシステムでは「ファイル履歴」、
Mac OS Xでは「TimeMachine」、Ubuntuでは「バックアップ」といった機能があります。

また、モバイル端末では、クラウドストレージや電話帳・メールのバックアップサービスを使用して、
自動的に定期で更新されるバックアップの機能を設定しておくことで、間違えて削除したファイルを後から復元することができます。

パソコンでも同様に、「Googleドライブ」や「OneDrive」、「iCloud」などのクラウドストレージという
データの保管、共有用のシステムのサービスをネットワーク上で使用することもできます。

上記の一例の中でも、Windowsの「システムの復元」やMacの「タイムマシン」
といった機能はバックアップという点でもいざというときに役立ちます。

ただ、定期的な間隔での更新で保管する設定のものが多いため、
事前にご自身で予備データーの更新保存間隔を設定し直すのも良いでしょう。

パソコンのHDDには、ごみ箱フォルフだなど使えるツールが特に多いのですが、USBフラッシュメモリやDVD-RW、
SDカード、MOなどの外部記録装置には使用ができないものが多いため、リムーバブルディスクに対応されている
復元ソフトを使う、もしくはデータ復旧サービスでより確実に回復してもらわれることをおすすめします。