LinkStationのRAIDアレイを再構成して修復するには?

BUFFALO(バッファロー)より発売されているNAS(ネットワークアタッチストレージ)の
製品の一つ「LinkStation」(リンクステーション)を日々使っている際に、
HDDの破損といった何らかの問題が発生してしまった場合、またはRAID構成を変更したい、
という場合に、HDDを交換してRAIDアレイを再構成して、状態を修復する方法について。

リンクステーションの製品一覧

・BUFFALO:リンクステーション ネットワークHDD(NAS) RAID1搭載 2TB LS220D0202C
・BUFFALO:LinkStation for LS520DNBシリーズ NAS用HDD搭載 2ドライブNAS 6TB LS520DN0602B
・BUFFALO:リンクステーション HDD WD Red採用 ネットワークHDD(NAS) 4TB LS220DN0402B
・BUFFALO:ネットワーク対応HDD LinkStation 1.0TB LS-CH1.0TL
・BUFFALO:リンクステーション ネットワークHDD(NAS) 1TB LS410D0101C

ユーザーマニュアルで故障の状況を調べる

最初に、どのような問題が起きているか、LinkStation本体のランプの色や警告音の様子を、
ユーザーマニュアルを見ながら確認されてみてください。

HDDが物理的に故障していて、換装しなければならない状態でしたら、
新しいHDDを購入して、入れ替えを行ってから、ウェブ上での修復作業を行います。

自身で作業を行っていくのが難しそう、という際には、NASを取り扱われている
パソコン修理サービスセンターに問い合わせて、代行作業を行ってもらう方法もあります。




NAS Navigatorにアクセスする

パソコンから「NAS Navigator」(ナスナビゲーター)にまだアクセスできるようでしたら、
LinkStationのアイコンを右クリックして、「WEB設定を開く」を選択します。

ウェブブラウザからWEB設定画面に入って、ログオンを実行します。

ログオンができない時は、インターネットが正常につながっているかを、
モデム・無線LANルーターのランプや、NAS本体のアクセスランプを見て確認します。

ディスクアレイの変更

まず、WEB設定画面から「システム」のタブの「ディスク」の項目に入ります。

次に、「RAIDアレイ」の項目で、「RAID~の削除」を行って、ディスクアレイを消去します。

(製品の仕様によって、各項目の名前が少し変わる場合があります。

「設定」→指定の暗証番号を入力→「設定」と進んで、削除されます。

保存されたデータはすべて初期化により消去されますので、必要なデータがありましたら
必ず事前にバックアップを取ってください。

RAIDを再構築する

作業が完了したら、もう一度「システム」→「ディスク」と進みます。

たとえばRAID1に構成を設定する場合は「RAIDアレイ1 未設定」の項目を選択します。

「ディスク」の部分にチェックを入れて、モードを「RAID1」にして「RAIDアレイの作成」を選択します。

「設定」→指定の暗証番号を入力→「設定」と進むと、ディスクの再構築が開始します。

フォルダーを開けるかどうかをチェックする

再構成が完了したら、Windowsの「エクスプローラー」またはmacOS/Mac OS Xの
「Finder」(ファインダー)を開きます。

リンクステーションのデータが保存されている、内部ディレクトリにアクセスを試みます。

フォルダーを正常に開ければ、RAIDアレイの再構成に成功です。

故障した機器を修理サービスに出す

もし、RAIDの再構築ができない、または再構築をしてもまだ不調のまま、という場合は、
「管理」→「初期化」→「LinkStationのディスク完全フォーマットを実行」を行ってみます。

故障の原因がどうしてもわからない、または一般個人では修復が難しそうな場合は、
カスタマーサポートに出すか、ネットワークドライブを取り扱われている
私設のパソコン修理サービス店に出して、直してもらわれることをおすすめします。

RAIDやNASの内部に保存されたファイルが開けなくなった時には、
専門事業の「データ復旧サービスセンター」に問い合わせて、見てもらうことができます。