TeraStationのRAIDアレイを再構築して修理するには?

BUFFALO(バッファロー)から販売されていますファイルサーバの製品
TeraStation』(テラステーション)を長く使用しているうちに、

ある時 急にRAIDアレイのハードディスクドライブが一台故障してしまったために
新品に交換してリビルドを行ったり、RAIDモードの構成を変えるために、
パソコンで操作して「RAIDの再構築」を行って簡単な修理を施す時の手順について。

主なTeraStationの製品の一覧

・BUFFALO:テラステーション WSS R2 Standard Edition搭載 4ドライブ NAS 12TB WS5400DN1204S2
・BUFFALO:テラステーション プロ ラックマウント対応 4ドライブモデル 4TB NAS TS-RVH4.0TL/R6
・BUFFALO:TeraStation WSS ネットワーク対応HDD(NAS) WSS 2ドライブ 4TB WS5200D0402WR2
・BUFFALO:iSCSI対応 Tera Station IS ラックマウントモデル4.0TB TS-RIX4.0TL/R5
・BUFFALO:テラステーション ネットワーク対応HDD(NAS) 1TB TS-WX1.0TL/R1

まず、何かのエラーが発生した時には、TeraStation本体のモニターを見てから
どのように文字が表示されているか確認して、ユーザーマニュアルをチェックします。

ハードディスクの交換などが必要であるか、確認します。

NASがネットワークに接続できるようでしたら、パソコンで[NAS Navigator]を起動して、
検出されたTeraStationのWEB設定画面をウェブブラウザで開いてログオンします。




『ディスク』のメニューを選択して、『RAID』の項目の右側にあるアイコンを押します。

「RAIDアレイ1 未構成」の項目を選択します。

RAIDモードを「RAID1」にして、「ディスク2」にチェックを入れて「RAIDアレイの作成」を押します。

確認番号を入力して『OK』を押すと、RAIDの再構築が始まります。

作業が完了したメッセージが出た直後に状態が「リビルド中」と表示されていますが、
すぐに共有フォルダーを開ける場合もあります。

これで、正常にフォルダーにアクセスできて内部のファイルが開ける、
または新しいデータの書き込みができれば、再構築は完了です。

ハードディスクドライブの現在の調子を確認したい時には、
「ディスク」の項目を開いて、それぞれのハードディスクの番号を順に選択して
「S.M.A.R.T.」(スマート)を押すと、各要素で正常かどうかを検査できます。

それでも何らかの原因不明な問題が発生していてRAID再構築などの措置を施しても元に戻らない、
という時には、管理→初期化→[TeraStationのディスク完全フォーマットを実行]を行ってみます。

どうしても故障や接続不良の原因がわからず、NAS本体かパソコン本体、
あるいはシステムかパーツか、どの部分に問題があるか把握できない、といった場合は、

TeraStationのお客様サポートに相談して修理に出す、
または私設のパソコン修理店やデータ復旧サービスに問い合わせて、
出張訪問サポートか持ち込み、郵送で出して、復元をしてもらわれることをおすすめします。