データ復旧サービスの完全成功報酬プランの費用の仕組みとは?

パソコンやデジタルカメラを操作している時に、誤ってファイルやフォルダーを消してしまったり、
または補助記憶装置のハードウェアが強い衝撃や水害、高温などの影響でなどで壊れた、
といった緊急時には、専門の事業であるデータ復旧サービスでの、復元のサポートが非常に助かります。

その際、ファイルを損失するトラブルの後で、大事なデータの回収に成功できるかどうかによる、
完全成功報酬のプランでの費用の仕組みとは、どういったもの?という疑問について。

データ復旧の注文での完全成功報酬のプランとは?

まず、デスクトップパソコンやノートブックPC、外付けハードディスクや外部のRAID、NAS、DVDなどの、
拡張子またはストレージが破損している状態がひどくて、データ救出の作業に成功しなかったら、
料金がかかってしまうだけの可能性もあるのでは?という不安も出てくると思われます。

そこで、そちらを解消する方法として、データの復旧ができた時に限り料金の支払いが発生する、
という仕組みである、完全成功報酬の注文によるプランを実施しているサービスの会社もあります。




HDDやSDカードから失ったファイルを復元する仕組みとは?

次に例として、パソコンのオペレーティングシステム上の、エクスプローラーといった、
フォルダーの画面から表示が消えたファイルを、後から復活させたい時の状況と仕組みについて。

まず、WordやExcel、PowerPoint、またOutlookといったソフトウェアで取り扱っている、
個人用データの拡張子を、誤った削除の操作や誤フォーマットを実行してから、
まだ特に何もその補助記憶装置に新しいデータが上書きされていなければ、
間違って消してしまった痕跡の拡張子はまだ残留していて、そこから復旧できる仕組みになります。

一方で、HDDやSDカードから確実に目当ての消えたファイルが元に戻せるとは限らない点もあります。

例えば、間違えて消去した電子ファイルの拡張子は、必ずしもすべての痕跡がまだ残留しているとは限らず、
論理障害で消えた写真画像などが一部復元のためのスキャンで検出できなかったり、
半分破損した状態で修復される、というケースも出てきます。

このため、ファイルの復元ができなかった時のための完全成功報酬での費用のプランが、
データ復旧サービスの方で、用意されている仕組みになります。

データリカバリーの成功報酬での費用が固定制のサービスとは?

次に、データリカバリーサービスでの成功報酬の費用は、ホームページなどでの掲載で、
主にストレージや最大容量ごとに、金額の固定制のプランで用意されています。

もし上記のような例で、修復に成功しなかったらお代は頂かなくても大丈夫、という、
大変お役立ちの、ファイルの復元のサービスを実施されている業者様も多くあります。

例えば、データサルベージ 様での、データ復旧の料金・費用・価格についての案内なども参考になります。

また、故障した電子機器からのデータの取り出しは、機材の融解や錆び付きが内部の奥深くまで達していて、
深刻な破損が出ていなければ、プロの復旧サービスで十分にサルベージができる見込みがあります。




故障したハードディスクのデータを専門業者で救出してもらう

次に、ハードディスクドライブがヘッドクラッシュを起こして、物理障害で故障した場合も、
専門業者のデータ復旧サービスでの精密な作業による分解で、中身のファイルの救出ができます。

一方で、故障したハードディスクドライブやUSBメモリ、SDメモリーカードといった記憶装置が、
災害などの影響で水没したり、回路が潰れてしまったりと、かなり大破していると、
状態によっては、プロのリカバリーサービスでもデータの取り出しが難しいこともあります。

その際も、物理障害からの調査と、コンピューターの機器の診断とセットで、
成功報酬でのプランが多くのサービスで実施されています。

また例として、LIVEDATAや、テックウインドといったサービスでの解説と費用の提示も、比較の参考までに。

ハードディスクドライブやSSDの方が故障していなくて、PC本体のマザーボードといった、
別のパーツが破損しているだけの場合は、ストレージを内部から取り外して、
本体をカスタマーサポートや私設のパソコン修理サービスに出して、部品を交換してもらう方法もあります。

また、パソコン修理代金の見積もりサービスについては、こちらのページにて。

ガラケーの携帯電話やスマートフォン、タブレットPCの場合は、内蔵のフラッシュメモリを、
個人で取り出してファイルを読み込むのは非常に難しいため、モバイル端末に対応された、
プロのデータリカバリーサービスで、復旧の注文をされてみることを推奨します。




RAID5や6、NASなどの高額の機材を検査してもらう時は?

次に、RAID5や6のディスクアレイが設定されたパソコンや外部のドライブケース、サーバ、
また、NAS(ネットワークアタッチストレージ)にあるハードディスクからデータを失った時は、
複雑なRAIDアレイやファイルシステムの仕組みの違いで、一般の個人では復旧が難しくなります。

また、RAIDケースやネットワークドライブ、ビジネスサーバーといった高額な機材では、
検査も複雑になりやすいため、一部は例外的に、調査費用が有料に指定されていることもあります。

なお、データの復元は電子機器の複雑さや最大容量が大きいほど、成功報酬での費用がかかりやすくなります。

大型の機材を自宅や自社に導入されていて、外部に持ち出すのが手間取る、という際には、
出張訪問のサービスを実施されている、データ復旧サービスの事業も多くありますので、
スタッフの方に来て頂ける形で、簡易的な検査と復元の作業を依頼することもできます。