リムーバブルディスクの読み書き禁止を解除してデータを開く手順

Windowsのパソコンに外付けハードディスクやUSBメモリー、SDメモリーカード、
xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュといった「リムーバブルディスク」を
USBコネクタに接続してデータの読み込みや新規ファイルの書き込みをしようとしたら、

「場所が利用できません ~にアクセスできません。アクセスは拒否されました。」
「対象のフォルダーへのアクセスは拒否されました この操作を実行するアクセス許可が必要です」

といったメッセージが表示された場合には、どのように設定を変更すれば
アクセス拒否の状態を解除してデータを読み書きできる?という疑問について。

アクセスは拒否されました

まず試しに別のリムーバブルディスクを差し込みして、そちらの記憶メディアも同じように開けない場合、
お使いのパソコンにアクセス制限が掛かっている可能性があります。

ほかの誰かから譲与してもらったマシンや中古で購入したマシンの場合に、
事業などでの特殊な設定で使われていた場合に出てくる可能性のあるトラブルのひとつです。

もしほかのパソコンをお持ち、またはほかのオペレーティングシステムをインストールされていましたら、
そちらにて接続してデータを開かれてみてください。

また、お持ちの製品の分類と型番で請け負われている、専門のパソコン修理サポートか
データリカバリーサービスに注文をして、修復作業の代行をしてもらわれることも推奨します。





こちらの事例では、Windows 10のパソコンでリムーバブルディスクの読み書きを
拒否する設定がされている場合に解除する手順について解説いたします。

まず、Windows10のデスクトップ画面のタスクバー左下にあります検索ボックスに
「GPEDIT.MSC」と入力します。

GPEDIT.MSC」という項目が表示されましたらこれにマウスカーソルを当てて開くと、
ローカルグループポリシーエディター」という画面が起動します。

「名前空間~」というバルーンが2回ほど出る場合があり、その際には「OK」を押します。

左側メニューの「コンピューターの構成」にあります「管理用テンプレート」を開きます。

「システム」のフォルダーを開き、次に「リムーバブル記憶域へのアクセス」と進みます。

ローカルグループ

この中の各種設定の項目を開き、該当する項目が有効の状態になっているかどうかをチェックしてみます。

例えば「すべてのリムーバブル記憶域クラス: すべてのアクセスを拒否」が有効に設定されていると、
リムーバブルディスクそのものへのアクセスが拒否されてデータが開けない状態になります。

アクセスできない状態

これを開き、もし「有効」になっていましたら「未構成」にして、「OK」を押します。

リムーバブル記憶域設定

こちらが最初から「未構成」の場合は、他の「リムーバブルディスク: 読み取りアクセス権の拒否」や
「CDおよびDVD: 読み取りアクセス権の拒否」といった該当しそうな項目を順に確認してみます。

エクスプローラーを開き、SDメモリーカードやUSBメモリー、DVD-RWなどの
ディレクトリが開ければ、設定の解除による読み込み、書き込みの復旧に成功です。

フォルダー

もしそのリムーバブルディスクのみがアクセスできず、ほかのリムーバブルディスクの方は開けて、
「ローカルグループポリシーエディター」での設定も未構成のままだった場合は、
そのデータ記憶メディア自体がエラーや故障を引き起こしている可能性があります。

または暗号化ソフトなど、専用のアプリケーションソフトでプロテクトが設定されている場合もあります。

もし外付けハードディスクやUSBメモリ、RAIDといったリムーバブルディスクが物理的に
故障してしまっているために読み込み・書き込みができない状態と思われる場合には、
それ以上は接続を試みず、専門のデータ復旧サービスに問い合わせて、
送付か持ち込みにより対象の機器の提出をして診てもらわれることをおすすめします。



『「リムーバブルディスク」のカテゴリーの前後のページ』

«

»