Safariのブラウザが遅い時に速度を修復するには?

Safari(サファリ)とはApple社からリリースされている、
インターネットを閲覧するためのウェブブラウザのソフトウェアです。

Mac OS X(v10.3以降のバージョン)のMacintoshパソコンや、他のApple製品の
iPad、iPhone、iPod touchに標準搭載のブラウザとして含まれています。

またApple開発のコンピューター以外でも、WindowsのOSが入ったパソコン上で
Windows版Safariのアプリケーションソフトをインストールして使用できます。

ブラウザを開く時に重い場合

Safariは上記のようにパソコンやスマートフォン、タブレット端末など
様々なコンピューター機器でそれぞれ専用のプログラムで使用できます。

しかし他のウェブブラウザに時々起こるのと同じく、たまに何かの原因でネットの閲覧が重い、
パソコン自体ががだんだん重くなってきた、または開くのが遅い、という場合もあり、
どうすれば速度を修復することができる?という疑問について。

そんな時、Safariのシステム自体に問題があるよりは、コンピューターの性能や
使い方に原因が発生していることが多いため、まずは使用環境の方を確認してみましょう。




Mac OS XやWindowsのパソコン上では、内部パーツのCPUやマザーボードの性能が
低かったり、メモリの最大容量が低かったりすると閲覧が遅くなりやすいです。

コンピューターの部品のスペックが低かったら、新しく性能の高い部品に交換したり、
メモリの増設を行ってみると、一気に速くなったり、速度の低下から修復できることが多いです。

また、他にいろいろなアプリケーションを同時に開いていたり、ハードディスクに空き容量が
無くなったり断片化やレジストリの肥大化が出てくると動作も重くなりやすいです。

あまり同時にソフトは開き過ぎないように無理なく使って、ハードディスクの中身も時々整理して最適をしていきましょう。

コンピューターウイルスの対策ソフトも設定を強固にしすぎるとネットの閲覧の時に
いちいち監視ソフトが動作してしまい非常に読み込みスピードが重くなりやすいので、
特別な使い方をしなければ標準的な推奨設定くらいに抑えてもいいです。

iPhoneやiPad、iPod Touchの場合、年々機種が上がる度に性能が向上しているのですが
やはりまだパソコン本体と比べると接続や読み出しの速度は低めなので、
ページによっては開くのに時間がかかることもよくあります。

ワイヤレス(無線LAN等)であるため、場所によって電波の状況も変化するので
移動中にアンテナの表示されている本数が少なくなったら
別の電波が届きやすい場所に移ってから改めてSafariを開いてみてください。

また長時間の連続使用によるコンピューターの加熱やバッテリーの低下も注意してください。

Safariの機能自体が重くなりがちでお使いのパソコンの現在のスペックでは厳しい、
という場合は、ブラウザ画面右上に位置する一般設定のメニューのアイコンを開いて
ヘルプの指示に従って、一部の機能の使用を変更してみると速くなる見込みもあります。

あまり使っていない機能や余分なツールをオフにしたり、割いている容量を減らしていくと
そのぶん、ページの移動や表示が平均的に若干スムーズになります。

新規タブや新規ウィンドウをたくさん開きすぎると次第に遅くなっていくので、あまり一度に
多くのページを展開しすぎないようにして、見なくなったページは一定おきに閉じていきましょう。

また、コンピューターやSafariなどのブラウザに全く問題が無くても、
開くページや画像ファイルがかなり重かったり、保管先のサーバーが一時的に
アクセス増加による負荷がかかって重くなっていると見づらくなる場合もあります。

その場合は別の類似ページを見ていくか、アクセスが集中しない時間帯に
読み込みの遅い状況が解消されてから、また来訪し直してみましょう。

Safariのプログラムにアップデートやセットアップの失敗などがもし起きてしまったら、
一旦アンインストールをして再起動し、もう一度インストールをし直してみてください。