セーフモードで起動できない時にパソコンを回復するには?

パソコンを起動した時にWindowsのOSが画面が立ち上がらず、
普段のデスクトップのモードが表示されず使えなくなってしまった場合、
一度再起動して最初のロゴ画面の時にF8キーなどの指定キーを押してが出来な
Windows拡張オプションメニューを立ち上げて起動するのが一つの対策手段です。

ですが、エラーや破損の状態次第では、「前回正常起動時の構成」や
「セーフモード」でもPCの回復が上手くいかないこともあります。

まず、発生することの多いトラブルの原因の一つとして、
BIOSでの指定が変わってしまっていることです。

例えばCDやDVDディスク、フロッピーディスク、USBフラッシュメモリを内蔵ドライブ装置や
USBポートに差し込んだままパソコンを閉じた場合、パソコンの電源を付けた際に
ハードディスクドライブではなく、ディスクやメモリーカードが優先して読み込まれてしまうことがあります。

何か記憶装置を差したままでないか確認して、もしあった場合は全て取り外しましょう。

しかし、USBコネクタやドライブ装置から取り出した後も
そのまま設定が変わらないこともありますので、その時は
各パソコンの操作マニュアルに従ってBIOSを購入前の状態に初期化しましょう。

次に、オペレーティングシステムが破損している原因が考えられます。

アプリケーション・ソフトウェアをインストールしすぎたり、Windowsの大事なプログラムを
間違えて消してしまった場合、ワーム型のコンピューターウイルスやトロイの木馬が
感染している場合、などOSに異常が出てしまう理由は数多くあります。

基本的な対処方法として、起動の時にWindows起動ディスクを挿入して、操作手順に従い
回復コンソールや上書きインストール、再セットアップといった修復作業を行われてみてください。




他、最も深刻な原因として、ハードディスクドライブ(またはSSD)が
老朽化やヘッドクラッシュ障害などで物理的に故障している場合があります。

HDDやSSDが壊れているとOSもリカバリーでの読み込みが効かなくなるため、
修理するには新品のハードディスク製品を購入して取替えをすることになります。

この通り、セーフモードで開けないほどの深刻な問題は沢山あるのですが、
これらの原因がどうしても掴めない時は、プロのパソコン修理サポート店に見てもらい、
修理をしてもらわれることをお薦めします。

また、OSをリカバリインストールしたり、ハードディスクの換装をする際、
今までの全てのデーターを先に、専門のデータ復旧サービスセンターで
抽出をしてもらいバックアップを取っておけば、損害も大幅に軽減出来ます。