削除ファイルはごみ箱からコピーして元の場所に戻せる?

パソコンの内蔵ストレージ(CドライブやDドライブなどのハードディスク)に入っているファイルやフォルダ、
ショートカットアイコンやアプリケーションソフトのディレクトリなどのローカルディスクのデータは一度
フォルダーから削除した時、すぐには消えずにデスクトップで表示されている「ゴミ箱」のツールの中に移動して保管されています。

ゴミ箱フォルダーを展開して確認

誤って大事なデータを削除したり、一度は消したけどまた必要になった、という場合には、
まず、デスクトップ画面にあるゴミ箱のフォルダーのアイコンを左ダブルクリックして開きます。

誤操作によるデータ処理で消去した対象となる、復活させたいファイルをコピー&ペースト
などの実行で元にあったフォルダーの場所に貼り付けて、元に戻す事ができます。

ごみ箱にファイルが入っている時はアイコンに紙くずが表示されますので、
これで現在、中身が空になっているかどうかも一目でわかります。

インターネット上のウェブサービスの中でも電子メールやクラウドストレージ、NASなど、コンピューター端末で
サービス先の提供しているホストコンピューター(タイムシェアリングシステム(TSS)が導入された
大型のメインフレームなど)にユーザーアカウントでログインしてからログアウトするまでの間のセッション内(session)でも、

ファイルマネージャーや受信箱、送信箱などのフォルダーから削除したデータが一度ごみ箱の専用フォルダーに
移行されて、一週間~30日ほどの限定の期間中ですぐにはサーバーから消去されずに保管されているサービスもあります。

なので、間違えてネットワーク上でバックアップが自動的に取れないデータを消した場合は
ゴミ箱などの予備システムが設置されていればの元の場所に戻せます。

操作上のミスの例外

「ディスククリーンアップ」などでうっかりごみ箱を空にしてしまった場合は、「ファイル履歴」や
「データ復活ソフトウェア」、「データ復旧サービスセンター」への依頼といった修復方法で元に戻せます。

しかし、100%すべてのファイルを完全に元の形で取り戻せるとは限らないため、
ごみ箱を空にする前には一度、消してもいいファイルかどうかを確かめてください。

アップル社のMac OS Xのパソコンでは、SDメモリーカードやUSBメモリなどの
外部記憶装置にあるデータも、Macのシステム上で削除した時はゴミ箱に移行します。

※USBポートからメモリーカードなどを外すと一旦ゴミ箱のファイルも表示が消えるのですが、
 もう一度パソコンに接続し直せばまたゴミ箱の表示されて、元の場所に戻せます。

しかし、Windowsではリムーバブルディスクの中のデータを削除するとWindows8/8.1や10の記憶域プールなどの例外を除いて、
基本的には消去したファイルや、アンインストールしたプログラムはごみ箱に残らないためご注意ください。

また操作中のエラーで起きたタイムアウトの影響で一部のデータが損失したり、
誤ったフォーマットで丸ごとストレージの全データをリセットして消した場合も同様です。

すべての領域でのファイルの表示が完全に消えてしまってバックアップがないため、
何とかして元に戻したい、という場合は、ファイルが消えてしまった二次記憶装置を
専門のデータ復旧サービスに出して、修復してもらわれる事をおすすめします。