ごみ箱の最大サイズを減らして空き容量を増やすには?

デスクトップに表示されているゴミ箱ツールには、何かアプリケーションのファイルやフォルダを
削除するたびにどんどん使っている容量が上がり、不要ななデータが蓄積していきます。

ごみ箱ツールはハードディスクドライブの10%にサイズが設定されています。

ですが、頻繁に『ごみ箱を空にする』を行っていけばそれほどの領域は無くても大丈夫です。

なので、このゴミ箱に振り分けている容量の割合を減らす事で
HDDのパーティションに使える領域部分も増やしていく事が出来ます。

まずはデスクトップ画面のごみ箱アイコンを右クリックし、プロパティ画面を開きます。

すると最大サイズがデフォルトでは10%になっていますので、つまみを左にずらしていき、
5%くらいに調節してみます。そしてOKを押して、空き容量の振り分けが完了です。

例えば100GBのHDDでしたら、ゴミ箱フォルダの領域は10GBから5GBに
変更された事になり、ローカルディスクの動作もややスムーズにできます。





「1%」などあまり少なくしすぎると、大きなアプリケーションのフォルダなどを
削除する時、ゴミ箱が詰まってしまいますので適度に調整しましょう。

頻繁に『空にする』を実行する場合、もしうっかり必要なデータまで削除してしまったら、できるだけ早く
データ復元ソフトやシステム復元機能などで、痕跡が消えてしまわないうちに元に戻すようにしましょう。

ゴミ箱の領域

Mac OS Xのゴミ箱フォルダーの場合は、パソコンの内蔵ハードディスクやSSDだけでなく、
USBメモリやSDメモリーカード、コンパクトフラッシュ、外付けハードディスク、RAIDなどの
外部データ記憶装置で削除してしまったファイルも移動して保存されます。

しかしそのぶん、HDDやSSDの容量がいっぱいになりやすいので注意してください。

もしいつの間にかゴミ箱に必要なデータが移動されていて、しかも容量の限度で
他のファイルに上書きされて消えてしまっていたら、なるべく早めに
専門のデータ復旧サービスに注文して、復元作業を頼んでみる事をおすすめします。



『「ごみ箱の削除後の復元」のカテゴリーの前後のページ』

«

»