画面に映っているファイルやフォルダが開かない時の修復方法は?

パソコン上のデスクトップ画面やマイコンピュータの中に表示されている
フォルダやファイルをマウスでダブルクリックしてもなぜか開く事ができない、
という時、どこの調子が悪くて、どうすれば問題を修復して開ける?という疑問について。

例えば『このファイルを開けません。このファイルを開くには作成元のプログラムが必要です。
インターネットで自動的にプログラムを検索するか またはコンピュータにある
プログラム一覧から手動で選択してく下さい。

というダイアログメッセージが表示される時は、ネット上から必要なソフトウェアを
購入してパソコンにインストールして開くようにする必要がります。

表示されてるのに開かない原因

まずは、大きく分けて以下のようなトラブルのパターンがあります。

1:ファイルの拡張子を開くのに必要、かつ対応されている アプリケーションソフトウェアが
パソコン上に存在していないか、正常にインストールされていないか、プログラムが壊れてしまっている。
 (lzhやzipの圧縮ファイルを開くためのソフトウェアツールがセットアップされていない、など。)

2:ファイルに暗号化・複合化されているなどのセキュリティ対策が施されてロックされている。

3:そのデータまたはディレクトリが、保存時の失敗やコピーのミスなどで
壊れていて0バイトになっている、などの理由によりダブルクリックで開けない。

4:パソコンのOSがシステム上の不調を起こして検出されなくなっている。

5:使用中のメモリの容量が足りなくなっている。

まず、『jtd』や『psd』『pdf』『ppt』などfileごとに記号の違う拡張子によって
それぞれ専門のソフトウェアが必要になります。

ダイアログボックスが表れた時はその指示ボタンに従って、インターネットまたはコンピューターショップ
から対応されているユーティリティを見つけてインストールをすれば、その拡張子を開く事が可能です。

圧縮されたものや暗号化された特殊なファイルやフォルダも、
これらを解除できるソフトで開封してから、中身を開けます。

必要な作業がかなり複雑になって難しい、という場合には、プロのデータ復旧センターに
注文をして、修復までの工程の代行作業を行ってもらわれることも推奨します。





逆に、今まで読み込めていたデータが開かなくなった場合は、それまでに
何かPC作業を長い事行っていたら一度パソコンを再起動させてみましょう。

使用していたメモリとCPUの負担やシステムエラーが再起動により解消されて、
今度は開ける、という可能性もあります。

ウイルス感染があったら、駆除・隔離機能を持った専門の市販ソフトウェアで対処します。

ただしOSを動かすのに重要なファイルやフォルダがおかしくなっていて開かない時は
『システムの復元』を使うか、状況の重度によっては_OSの再インストールや
ITトラブルのカスタマーサポートセンターに連絡するなどの手段も必要になります。

また、「.bak」ファイルという拡張子が残っている場合、こちらはバックアップファイルという
種類のデータで、まずファイルを右クリックして「名前の変更」→「bak」の部分を
たとえば「pdf」など、対象のソフトウェアの拡張子に変更されてみてください。

これで、『アドビ・リーダー』など各ソフトウェアで開けるかどうか、試されてみてください。

また、OneDriveの画面を開いてから反応しない、という場合は、Windows 10など新しいOSの
パソコンから、OneDriveをウェブページ、フォルダーの両方で開けるかどうかを確認されてみてください。

お使いのフォルダーにもし何千枚と大量に画像ファイルが含まれている場合、
サムネイル表示などで重くなって動作が遅延したりフリーズするおそれがあります。

ウェブサービスは時間帯によってはメンテナンスやアクセス集中で遅くなることもあります。

サムネイルの出ない一覧表示にしたり、別の時間帯にアクセス、パソコンのメモリを
容量の高いものに交換することである程度はスムーズに読み込み出来る見込みがあります。

しかし拡張子が壊れていてプロパティを右クリックで確認したら0バイト
なっていたりと、データ上書き保存やコピー&ペーストの時に書き込みエラーが起きて
ファイルが壊れてしまうという場合もよく起こりえます。

しかしファイルやフォルダが存在しないのではなく、壊れてはいるものの形として残っていて
表示だけはデバイスドライバに認識されている状態や、
ファイルが消去されて間もない段階でしたら専門のデータ復元サービス店に出して、
破損したシステムごと修復してもらうのが確実的な対処方法です。



『「プログラムが開けない」のカテゴリーの前後のページ』

«

»