バックアップの前に不要なファイルを削除すると容量の節約になる?

文書作成ソフトやコンピューターグラフィック製作ソフトで長い時間を掛けて作り上げたコンテンツファイルや、外での思い出として撮ってきたデジタルカメラの写真画像やビデオ映像、有償でダウンロードしたソフトウェアなど、大事なデジタルデータは1個だけしか存在していないと、パソコンが壊れて飛んでしまったり間違えて消去してしまった場合を考慮すると安全ではありません。

そのため、重要なファイルは最低でも違う補助記憶装置に2個以上存在させるためにコピー&ペーストやバックアップソフトを使って予備を保管しておきましょう。

保存のエラーの可能性

例えばWindowsのコントロールパネルになります、それぞれのバックアップ用ツールやシステム修復ディスク・イメージディスクの作成機能を用いて、ドライブ全体の大規模なファイル群をイメージファイルといったデータとして別のリムーバブルハードディスクやDVD±RW/ROMなどの予備保存用のディスクに書き込む場合、

1個や2個の大きな拡張子ファイルくらいなら大丈夫なのですが、全体の容量が大きすぎると全て入りきらなかったり空き領域のほとんどが埋まってしまう場合もあり、また時間がかかりすぎて途中でシステムがエラーを起こす可能性もあります。

ハードディスクには新しくデーターを書き込めば書き込むほど余分なファイルも溜まっていき、また視覚的に見えにくい部分でも気づかないうちに容量を使っている事も多々あります。

これらを事前に検出してバックアップ作業の前にあらかじめ消しておくと空き容量が大分節約できて、移し変えの指示もスムーズに動作できます。




レジストリクリーナーを使う前のバックアップ

レジストリクリーナーを使用してパソコンの軽量化をする際には逆に、事前にレジストリの現在の状態のバックアップデータを、備え付けのバックアップ機能を用いて取っておかれることを推奨します。

レジストリの操作にもし失敗した場合、Windowsのオペレーティングシステムが正常に動かなくなる可能性があるためです。

その他、いざという時のためのデータのバックアップと復旧の準備と手順については、こちら。

失ったバックアップ分のデータ復旧をする方法とは?

台風や洪水などの災害時での保管データの損失を防ぐには?

主なフォルダーを手動で見ていき、使わないファイルやソフトウェアはどんどん消去して、めぼしい不要ファイルを大体無くしていったら最後に、Windowsアクセサリのディスククリーンアップでさらに圧縮やゴミ箱の消去をして少しでもローカルディスクを軽くしましょう。

うっかり一緒に、まだ使うデータやコンピューターに重要なシステムを消されてしまわれないようご注意下さい。

間違って重要な場所に手を加えてしまったらすぐに『システムの復元』や『データ復活ソフトウェア』から元に戻します。

個人でファイルが元に戻せない時は、専門のデータ復旧サービスに診てもらうことをおすすめします。