SDカードのフォルダーが読み込みできなかった時の復旧方法は?

先日、使用しているモバイル機器に付属されていたmicroSDメモリーカードを、
リムーバブルディスクや写真読み取りの機能からではなく、パソコンから読み出そうと試みました。

初期設定の状態で作成されていた大部分のフォルダは普通に開けたのですが、
ところが写真画像の入った「DCIM」や自分で作成した「新しいフォルダー」などの
一部の重要なフォルダが、なぜかその機能では開けませんでした。

SDカードに読み取り専用のロックがかかっている

もちろんPC(マイコンピューター)やエクスプローラーからは「PHONE CARD」(フォン・カード)という名前で、
しっかりと表示されて、デバイスマネージャーのポータブルデバイスの項目にも認識されています。

なので、モバイル機器のカメラ機能で撮影した写真画像やムービーなどのデータは
しっかりとパソコンに簡単にバックアップして、拡張子を開くことができます。

対象のフォルダーのプロパティを開いて見たところ、
「読み取り専用」となってロックがかかっていたため、外部の機能からの操作ができないようでした。

(※読み取り専用でも操作できるフォルダーやSDカードもあったりします。)

デジタルカメラの方で使っているSDHCメモリーカードの一部も、
同じように特定のツールではフォルダが読み取りできない物もありました。

データの書き込み禁止の設定を解除するには?

普通のSDカードやSDHCカード内の特定のフォルダにデータを書き込みしたい時や、
データ復元のためのスキャンを行う時など、特殊な読み出しをする際には、
「読み取り専用」に設定されているために書き込みができない場合があります。

その際には、SDカードの側面にあるロック(ライトプロテクトスイッチ/write-protect switch)のツメを下に下げます。

その後フォルダーのプロパティ画面で書き込み禁止を解除してからメモリーカードのフォーマットを行うと、
操作ができてるようになって復旧できるケースもあります。

(念のため外付けHDDやRAID、NASなどにデータのバックアップを先に行ってください。)

ですがmicroSDカードの場合だとロック(Lock)のツメがなく、
使い始めて最初のうちに、一度フォーマットをして読み取り専用の設定を解除しなければならないこともあります。

SDメモリーカードがデバイスで認識しない時の復旧方法は、こちらのページにて。

microSDカードのフォーマットによるデータの消失

デジカメやビデオカメラのSDカードは特に重要なデータを
最初から保存しているわけではないので、フォーマットもわりと簡単にできます。

しかしモバイル・コンピューターなどの機器で最初から使うmicroSDカードの場合だと、
OSにも関わる非常に重要なファイルの含まれたフォルダーが、初めから多数含まれていることも多いです。

もちろんSDカードを抜いたり取り換えたりしても大抵の電子機器は普通に起動できます。

ですが、標準機能で使う大事なファイルを初期化して削除してしまうおそれがあるので、
無理にフォーマットはしないように注意する必要もあります。

削除した写真画像のファイルの検出

「DCIM」などの専用フォルダーから削除した写真画像の復元を試みた時、SDカードと
データ復元機能の相性によってはこのフォルダーがスキャンで読み込みできないこともありました。

また、別のソフトウェアによってはファイルのスキャンで検出はできても、
画像の半分以上が破損した状態で表示されることもあります。

フォルダの読み取り専用の設定を解除するためにSDカードを丸ごとフォーマットしてしまうと、
他の保存したファイルがすべて消えてしまいますのでご注意ください。

データ復旧サービスにSDカードを提出する

SDメモリーカード(SD Memory Card)が破損する、といった原因で、
内部のフォルダーが読み込みできない状態で開けなくなったら、一般の個人では、
ストレージに保管されたまま残っている必要なデータファイルを読み込みして復旧するのは難しくなります。

ですが、SDカードが破損したりフォーマットした後でも拡張子の痕跡は残っている場合が多いため、
まだ復元することはできます。

自身で一通り手順を試してみてファイルの拡張子を元に戻せなかった時は、
専門のデータ復旧サービスにSDカードを出して診断してもらわれる方が、より確実です。