microSDカードのデータファイルを消去した時に復旧するには?

microSDメモリーカードは、デジタルカメラやスマートフォンの機器の本体のフラッシュメモリなどにある、
画像データの保管用フォルダーなどの容量が埋まってしまった時のために、
パソコンや他の補助記憶装置に移し変えたい時に大変役に立つ、便利なリムーバブルストレージです。

しかし、もしもデータを別のストレージに移動する際に、間違えて別のデータに上書き保存をしてしまったり、
また前のファイルをコピーする前に誤って削除してしまう、などのミスをした時には、
どのようにすれば失った拡張子を復旧することができる?という疑問について。

主なマイクロSDメモリーカードの一覧

・AONY(ソニー):microSDXCメモリーカード 64GB Class10 高音質モデル SR-64HXA
・Panasonic(パナソニック):8GB microSDHCメモリーカード CLASS10 RP-SM08GEJ1K
・Silicon Power(シリコンパワー):128GB microSDXC C10 UHS-1 SP Elite UHS-1
・ELECOM(エレコム):MicroSDXCカード UHS-I 対応 30MB/s 64GB MF-MSD064GU11LR
・SanDisk(サンディスク):Ultra 128GB MicroSDXC Class10 UHS-1 Card SDXC変換アダプタ付
・Kingston(キングストン):microSD 256GB 最大285MB/s UHS-II U3 V90 A1
・BUFFALO(バッファロー):Class4対応 microSDHCカード SD変換アダプター付モデル16GB RMSD-BS16GSA
・Supertalent(スーパータレント):UHS-I microSDXCメモリーカード Class10 ST28MSU1P
・Integral(インテグラル):マイクロSDXC CL10ウルティマプロ INMSDX64G10-40U1

フォルダーの表示の上では、保存されていたファイルが消えていても、まだ拡張子自体はmicroSDカードに残っていて、
誤って消去したファイルを復元する方法や専用のサービスによって、リカバリーができる見込みがあります。




Macパソコンのごみ箱からデータを元に戻す手法とは?

まず、MacのパソコンにmicroSDメモリーカードをUSBカードリーダーで接続した状態で保存された、
写真画像や動画、テキストなどの重要なファイルやフォルダーを、
Finderの画面からパソコンの操作で誤って削除した場合について。

こちらの状態では、デジタルカメラなどの機器から直接削除した場合とは異なり、
パソコンにある「ごみ箱」のフォルダーに一度移行します。

macOSのごみ箱フォルダーを開いて、対象のファイルを元のフォルダーに戻すことで、復元ができます。

ですが、初期化(フォーマット)によって消去した時には、別の方法でのデータの復旧が必要になります。

USBカードリーダーに差し込みしてリムーバブルディスクとして開く

次に、マイクロSDカードも他のメモリーカードと同じく、主にUSBからPC本体に接続する機器になります。

たとえば、付属のUSBケーブルを通して、パソコンからファイルマネージャー(マイコンピューター)や、
デバイスマネージャーに表示させて、リムーバブルディスクとして開くことができます。

ほかにも、株式会社バッファローのUSB3.0カードリーダー/ライターなど、
別売のカードリーダーにアダプターケースから差し込んで、お使いのパソコンにUSBデバイスとして認識させて,
読み込みや移し変えをする方法が特に便利です。

また、BUFFALO製のUSBカードリーダー・ライターが認識されません。という質問回答の例なども参考までに。

そして、外付けのUSBハードディスクケースやRAIDケース、NASなどの場所に、
後からデータ復旧がすぐできるように、ファイルやフォルダーのバックアップを行うことも出来ます。

microSDカードで消去したファイルも修復できる?

次に、誤った操作で失ったファイルを、Windowsのパソコンから復旧する手法について。

まず、SDカードをUSBカードリーダーで、パソコンに繋げて読み込みます。

次に、リムーバブルディスクにも対応されている、「ファイナルデータ」などのデータ復元ソフトウェアを購入して、
インストール・セットアップを行います。

ソフトウェアを起動して、ドライブスキャンを掛けて読み込みます。

間違えてデジタルカメラやスマートフォン、タブレット端末の機能で消去してしまった必要なファイルが検出できれば、
microSDカードの内部の保存データを、拡張子の痕跡からサルベージする形で、修復を行うことができます。

もちろん、パソコンのフォルダーの方から消えたデータの復元も、USBブートを使った操作で実行が可能です。

また、保存されていた大事なファイルを消去してしまったmicroSDカードを、
プロのデータ復元のサービスセンターに出して、リカバリーをしてもらうこともできます。




マイクロSDカードの破損に注意

次に、「microSDメモリーカード」とは、通常のSDカードやMiniSDメモリーカードよりもさらに小型化された、
フラッシュメモリ型のデータ記憶媒体です。

デジタルカメラやビデオカメラ、モバイル端末をはじめ、小型のコンピューター機器のメモリーカードとして、
カメラ機能の写真画像やメール、音楽、その他のファイルなどのデータの移行に、活用できます。

しかし、通常のSDカードと比べて、microSDカードは製品のサイズが小さく薄い規格で、
その大きさ(寸法)は11mm×15mm×1mmと、現在のリムーバブルディスクの中でも最も小型のものです。

もし、折れたり欠けるなどの物理障害で破損すると、中身の記憶チップまで損傷してしまうおそれがあるので、
故障を防ぐため、日々の丁寧な取り扱いも大切です。

また、microSDカードがパソコンでデータを読み込まない時の復旧をする方法については、こちらのページにて。

もし、デジタルカメラやスマートフォンから付属のUSBケーブルで接続をしてもBIOSに認識できない時は、
上記と同じくカードリーダーに差し替えをするか、別のパソコンでデータを読み込んでみる方法もあります。

データ復旧サービスに出して見てもらう

しかし、最後にストレージを開いてからかなり時間が経っていて自然に故障していたり、
データを削除してからしばらく何度も書き込みを繰り返した後のマイクロSDカードだと、
一般の個人ではサルベージの作業が難しくなるので、プロのデータ復元サービスにて見てもらわれることを推奨します。

特に、誤ったファイルの削除やフォーマット、メモリーカードの破損といった問題が起きて結構な時間が経った際には、
やはり専門のデータ復旧サービスの方へ問い合わせて、microSDメモリーカードを持ち込みか郵送で提出して、
失った写真画像や動画、テキストなどのファイルの復元の、ご依頼をされてみることをお薦めします。