デジタルカメラのSDカードが読み取れない時のデータの復旧方法は?

お使いのデジタルカメラを使って写真や動画を撮った後に、
カメラに差し込んでいるSDカードに保存した画像ファイルを後で読み取ろうとしたら、
なぜかコンピューターに認識されない、という場合の原因と、復旧の方法について。

カメラマークのアイコンの表示を確認するには?

まず、SDメモリーカードに保存したデータを読み取る方法がいくつかあります。

最近の一眼レフデジタルカメラのような新しいカメラで写真を撮った場合、
専用の写真画像の読み込み用のソフトウェアも製品に同梱されていて、そちらで開くこともできます。

購入したデジタルカメラの製品の箱に同梱されているディスクを使って、パソコンから読み込みするには、
DVDドライブのトレイに挿入して、専用の読み取り用ソフトウェアを、
マニュアルの手順に従って、正しくインストールして復旧をさせる必要があります。

その後、デジタルカメラを接続すると、リムーバブルストレージの読み取りに成功できていれば、
デスクトップ下のメニューに、カメラマークのアイコンとウィンドウが表示されます。

そして「ファイルの参照」といった、名称のフォルダーのアイコンから写真を閲覧できます。

もし、SDメモリーカードにアクセスできても、画像ファイルが消えていた場合は、
それ以上のSDメモリーカードへのファイルの上書き保存などは控えて、
専門事業のデータ復旧サービスにて、スキャンの検査と拡張子の復元を行ってもらうことをおすすめします。




SDカードのデバイスが読み取れない時は?

次に、カメラの製品別や写真を撮影する機器の種類によっては、PCとUSBポートを繋げただけでも、
フォルダーが表示されて写真ファイルを読み込めるものも多いです。

エクスプローラーの「PC」(マイコンピューター)を開くと、
ポータブル・デバイス』という項目に、デジタルカメラの画像アイコンが表示されます。

そのカメラの製品名のアイコンをクリックすると、『SD』といった名前でデジカメのアイコンが出てきます。

その中の「DCIM」といったフォルダーに、写真データが入っています。

しかし、同梱のソフトウェアCDに入っている読み取り用のアプリケーションソフトを
セットアップしていなければ、デジカメとPCをUSBコードで繋げた時に、
時々SDカードが、マイコンピューター上に認識されずに読み取れないことがあります。

大きな作業の際には、なるべく製品指定のソフトウェアをインストールして写真を読み込みされることをおすすめします。

デジカメのUSBケーブルの接続の状態を見直す

ほかに、よくある例として、PC本体のローカルディスク(ハードディスクやSSD)や外付けHDDに、
データをバックアップするために接続する時などに、
デジタルカメラの方の電源をオフ状態にしたままでは、USBのコードから読み取れない状態になります。

USBケーブルで繋げた時に、カメラ本体の電源をオンにしてデータのバックアップや救出の作業を行います。

またUSBケーブルの形状は、デジカメのに同梱されているものか、それと同じ専用のケーブルの製品でなければ接続できません。

ほかにも例として、SONYのカメラがメモリーカードを認識できません。 といった、
メーカーの製品ごとの、アクシデントからの復旧の事例についても参考までに。

また、見た目が同じコードでも別の電化製品の物だと認識できない場合もあリます。

同梱されているUSB接続ケーブルは、なくさないようにしっかりと保管してください。

デジカメのSDメモリーカードだけでなく、本体に内蔵フラッシュメモリが入っている機器が、
正常に読み取れない場合にも、プロのデータリカバリーサービスで復旧をしてもらうことができます。




カードリーダーに差し込みしてパソコンで読み取る方法とは?

次に、デジタルカメラで使うSDカードが読み取れない状態になってしまい、
保存されている写真画像や動画のファイルが読み込みできない場合について。

まず、パソコンといった別の電子機器にSDカードを差し込みして、ディレクトリへのアクセスを復旧する方法もあります。

デジタルカメラの本体がバッテリー切れで動かなくなったり、
もしくは落下や水濡れで故障してしまった場合、SDメモリーカードだけ本体から抜いて、
USBカードリーダ/ライター」を使って、上の写真のように読み取る方法もあります。

また、microSDカードに記録していたデータファイルを復旧させる方法については、こちらのページにて。

そしてカードリーダーをPC本体のUSBコネクタに接続すれば、
リムーバブルディスクとして読み取って、SDメモリーカードのフォルダーが開けます。

SDメモリーカードをデータ復旧サービスに出す

ですが、SDカードやデジタルカメラによっては、これで読み取りができない場合もあります。

その時は、ひとまず先に写真屋の方にSDカードを持って行って、
読み取りサービスの機械から中身をチェックして、写真の現像や復元などを注文しても良いでしょう。

その間に壊れたデジカメ本体を修理に出す、などの手順で時間も短縮できます。

もしSDカードの方が故障している様子の場合は、そのままでは読み取れないので、
専門のデータ復旧サービスセンターに注文をして、内部の写真データを読み取ってもらい、
別の補助記録媒体に移し変えてもらわれることをおすすめします。