Windows7でシステムの復元ポイント作成

パソコンを動かすためのオペレーティング・システムで最も普及している
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のプログラムには、
システムの復元」という、OS上で不具合が起きた時の為の回復機能があります。

コンピューターの状態を定期的に日時のポイントを作って保存する形で保護しておき、
急にデータを失ったりシステムが破損した時にそこから元に戻すためのツールです。

大事なファイルがプログラムのエラーで壊れてしまった時や、
アプリケーションソフトをインストールした後などでパソコンの速度が遅くなって
前の状態に戻したい時など、幅広い応用性のある仕方ができます。

もちろん「Windows XP」(エックス・ピー)や「Windows Vista」(ビスタ)だけでなく、
最新の「Windows7」(ウィンドウズ・セブン)のOSにも標準機能として備わっています。

システムの復元をWindows7搭載のパソコン(Cドライブ)で使う場合は、
パソコンが正常に動いているうちに以下の設定を行う必要があります。

Cドライブは最初から機能が有効になっていて、Windowsが重要なプログラムを
更新する際などに自動的に復元ポイントが一つ作成されます。




手動で復元ポイントを作成する手順

まず、デスクトップ画面のスタート⇒コントロールパネル⇒システム、と移動して
左メニューの「システムの保護」をクリックします。

「システムのプロパティ」の画面を開き、「システムの保護」のタブに合わせて、保護設定の項目の
『ローカルディスク(C:)(システム)』を選択して、『作成』のボタンをクリックします。

システムの復元設定画面

次に、「復元ポイントの作成」の入力欄に日時などの名称を記入して、
「作成」ボタンを押すと、その時点でのコンピューターの状態が保存されます。

「構成」のボタンを押して、「現在の使用量」が0バイトの状態から、
数GBの使用量がある状態に変更されているか、確認して下さい。

また、内蔵ハードディスクドライブをCドライブとDドライブにパーティションを
分割している場合、最初Dドライブが「無効」の状態になっています。

貴重なファイルやアプリケーションを保存している場合は、Dドライブを選択してから
「構成」を押して、設定の復元の項目の、「システムの保護を無効にする」から
「システム設定とファイルの以前のバージョンを復元する」にカーソルを合わせます。

そしてシステムのプロパティ画面に戻ってCドライブと同じように、Dドライブも復元ポイントを作成します。

実際に実行する時の操作

今後、コンピューターのOSやデータに何か深刻な不具合が発生した時は、
同画面上にある「システムの復元」ボタンを押して、「次へ」⇒復元ポイントを
日時や状態から選んで選択⇒「次へ」⇒「完了」を押すと、復元が実行されます。

Windows7が不具合を起こしてデスクトップ画面が起動できなくなった場合は、
パソコンまたはWindows7のOSディスクを買った時に付いている起動・インストール用のDVDディスクを
DVDドライブのトレイに挿入して、メニューに従ってシステムの復元を実行するやり方もできます。

注意点として、復元ポイント以降に新しく保存していたデータや
ファイルの上書き保存した分は削除されてしまいます。

また、万が一システムの復元作業が途中で失敗してOSやファイルが壊れてしまう可能性も
0ではないため、必ず大事なデータのバックアップを全部取ってから回復作業を実行して下さい。

なお、復元ポイント作成のタイミングが合わなかったり、物理的にHDDが故障していた、
などの理由で必要なデータが個人で開くのが難しそうな場合は、
専門のデータ復旧サービスセンターに依頼をして修復のための診断をしてもらうことをお薦めします。



『「Windows」のカテゴリーの前後のページ』

«

»